仕事のルール  浜口 直太

みなさん、おはようございます。今日は日勤のじゅぼんです。
朝早くから立て続けに2本UPしてます。今月は毎日更新してたのに、昨日は睡魔に負けまして。
なのでお詫びの気持ちを含めて2本目UPします。
今日は給料日。更に職員会議で遅くなる、12時間は職場にいる、そんな日です。
そんな職場での在り方を見直せる本を今日はご紹介。

あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール (アスカビジネス)

浜口 直太 / 明日香出版社


この本は、2005.6.30に発売されております。
でも見つけたのは最近で、隣市に新規オープンしたTSUTAYAで見つけました。
だけど、買うのは控えてた本でした。そしたら先日BOOK OFFで550円で見つけて…。即買いです。

内容は「あたりまえだけど、なかなかできない仕事のルール」が101項目書かれています。
「101」と聞いただけで、うんざりしそうな気がしますが、そうでもありません。
見開き2ページで1項目について書かれており、非常に読みやすいです。

101項目の中で、実際自分が出来てる事は何項目あったのかと申しますと…たった18項目。
まだまだですよね、本当。
この本は、サラリーマンに向けた本なので、全く私の仕事では該当しない部分も多いのですが、
その項目はごくわずか。なので、出来ていない事はやらねばいけませんね、
円滑に仕事をするためには。

今日から早速導入しようと思うのは「To Do List をつくろう」と言うものです。
よく色々なビジネス本で目にする単語なのですが、英語の時点で理解力低下…。
理解せず、スル~してました。でも意味はしごく簡単。「今日やるべきことリスト」なんですね。
なんだか笑っちゃいました。よく「やるべきこと」をメモしてますが、当たり前の事ってしないんですよね。

「今日やるべきリスト」は、何をするのかを理解するために書き出す事が必要で、
書き出す事によって曖昧だったことがより明確になるんだそうです。
更に、自分が考えていた優先順位と、実際の仕事の流れの差が分かるだけでも、
十分リストを作った価値があって、仕事を進めていく上で大きな効果があるそうです。

なるほど。私の場合、よく出来なかったプラスアルファの仕事は、
翌日のノートのページに付箋に書いて貼っておきます。
でもこのルールでは、「To Do List 用ノート」を作成するべきだとあります。
なので、今日から早速申し送りを書く用のA4のノート以外に、A6のノートを用意してみようと思います。
毎回仕事の時にメモ用紙でしていたことを、ノートでするだけなので、実際導入でなくて、
やり方変更なだけなのかもしれませんね。

何かに躓いた時に、このリストノートに解決のヒントが隠れているのかも知れない…
と文中にはあります。そんな時のためにも頑張ります。

ではそろそろ朝ごはんを食べながら新聞を読んで、仕事に行きたいと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2009-09-25 06:09 | ほん | Comments(0)