なくもんか

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
昨日元お隣さんの家に行く予定でしたが「新型インフルエンザ」の波がきていて、
急遽後日に変更になりました。
さて今日は一人で映画鑑賞に行ってきました。2本見たうちの1本をご紹介♪

映画「なくもんか」HP←クリック♪

この映画は2009.11.14~全国公開されてる映画です。
「泣ける"喜劇"か」「笑える"悲劇"か」とうたってます。

主題歌は、いきものがかり。同タイトル「なくもんか」

最後の最後でしか流れませんでしたが、映画に合っていました。


さて本題です。
映画を見て、私は「笑える"悲劇"」のように感じました。
CMで感想を述べてる方には悪いですが、泣けなかったのです。
でも笑いました。本来であれば、もっと笑えたのですが、
私より先にオバさん軍団が「ガハハガハハ」と笑ってくれたもんだから、
心底笑えにくかったです。

「笑える」と言う部分で言えば、私自身映画館内で席まで行く階段の途中で
階段を踏み外し、買ったばかりのココアを全部こぼすという、
ある意味「悲劇」を起こしていたんです。誰も笑ってくれませんでしたが。

そしてノーリアクションと言うかなり寒い結果ではありましたが、
絨毯の階段を汚してしまったので、慌ててティッシュで拭きました。
でも完全ではなかったので、スタッフに告げに行ったんです。
そしたら「只今、新しいココアとお取替え致します」とおっしゃって下さり、
今度こそは同じ過ちを犯すまいと、階段を一段一段じっくり見ながら登り、
無事自分の席にたどり着いた訳です。

そんな出来事の後の「なくもんか」でしたので、
階段の角に思い切りぶつけた左膝がズキンズキンしながらの鑑賞となり、
心底笑えてない部分はありました。でも阿部サダヲという人は凄い!
あんなにも色々役をこなせて凄いです。
個人的にはお父さん役の伊原さんとお母さん役の鈴木砂羽さんが
かなりのパンチが効いてて、好きなキャラでした。
それにしても山ちゃんが作る、あのハムカツ、食べてみたいなぁ。

やはり作り話なので、「認知症が治った」などと言う状態まで生み出し、
陣内孝則さんは、最近大臣役で愛人に子供を産ませる役が目立つなぁとか
そんな事も考えてしまいました。全くダメですね。

でも見てよかったですよ、本当に。色々考えさせらる部分は大いにありますし。
お時間があったらどうぞ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2009-11-27 22:53 | えいが | Comments(0)