THIS IS FOR YOU~THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM

みなさん、こんばんは。今日は遅番のじゅぼんです。
今月最初で最後の遅番。そして入浴介助今年初です。頑張ります。
その前に、来月分から任命された勤務表作成に頭抱えております。
意外と難しい。前は難しくなかったのになぁ…。シビアにならんとなぁ。
何となく課長に「却下」されそうだけど、もう少し頭をひねって考えて、仕上げます!

さて今日は、カラオケ配信で発売を知ったアルバムをご紹介します。

THIS IS FOR YOU~THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM

オムニバス / BMG JAPAN Inc.


【DISC1】
01.WELCOME TO MY DOGHOUSE / Scoobie Do
02.LOVE LOVE SHOW / 奥田民生
03.SUCK OF LIFE / 毛皮のマリーズ
04.SPARK / 秦基博
05.JAM / TRICERATOPS
06.空の青と本当の気持ち / 星羅
07.SEA / 山田孝之
08.BURN / 椿屋四重奏
09.カナリヤ / tacica
10.4000粒の恋の唄 / あがた森魚
11.PUFF PUFF (instrumental) / MORGAN FISHER

【DISC2】
01.FOUR SEASONS / フジファブリック
02.パール / 黒猫チェルシー
03.TVのシンガー / 9mm Parabellum Bullet
04.楽園 / KREVA
05.SHOCK HEARTS / metalmouse
06.球根 / THE BACK HORN
07.追憶のマーメイド / ムック
08.離れるな / 金子ノブアキ
09.SO YOUNG / シュリスペイロフ
10.メロメ (instrumental) / MORGAN FISHER
11.バラ色の日々 / Nothing's Carved In Stone
12.プライマル。 / フラワーカンパニーズ

このアルバムは、2009.12.9に発売されました。
イエモン結成20周年を記念して発売されたトリビュートアルバムです。

個人的には、先月クリスマスイブに亡くなったフジファブリックのカバーが染みます。
志村クンのファンの方々は尚感慨深い歌声に違いありません。

若手のアーティストから大御所まで、更には俳優までに至るこのメンバー。
凄いことになっております。

民生の「LOVE LOVE SHOW」の歌声は、UNICORN時代の「Maybe Blue」を彷彿とさせ、
秦クンの「SPARK」では、アコギのイントロで痺れそうなのに、あの歌声で更にメロメロ。
トライセラの「JAM」も切なく、中田クンの色気全開の「BURN」でノックダウン(笑)
既に、【DISC1】でヤバイ状態でした。

そして【DISC2】では、先述したフジファブリックの「FOUR SEASONS」から始まります。
その歌声を生で聴くことは不可能な歌声。胸が締め付けられそうにもなります。
そしてカバー曲を歌うのが意外だったKREVAの「楽園」も素敵です。
イエモン色を残しつつ、KREVAカラーも全開な感じが良かったです。
「追憶のマーメイド」を歌ってるムックですが、「THE イエモン!」と言いたくなる歌声。
彼らのオリジナルの曲を聞いたことがありませんが、ロビンを思い出す歌声でした。
このアルバムの最後を飾るのは、同じく結成20年の「フラワーカンパニーズ」。
更にイエモン最後のシングルを歌って、このトリビュートアルバムを締めくくっております。

新旧織り交ざったと言う表現が適切ではないと思いますが、
大御所から若者まで、イエモンを愛し、心を込めて歌っているのは間違いないです。
そして「THE YELLOW MONKEY」と言うバンドはロックで素敵で最高なバンドだったと
再認識させられました。またイエモンのアルバムを聞こう。そう思いました。

この2枚組のアルバムは本当に聞き応え満載です。興味を持たれた方、是非どうぞ♪
今日はこの辺で。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-01-13 01:44 | おんがく | Comments(0)