イノセント・ゲリラの祝祭  海堂尊

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
本当は遠出を考えておりましたが、世の中がお休みの日に人手が多い場所に行く事もなく、
取りやめに致しました。行ったのは市内のミスド。カフェオレとドーナツ2個で90分滞在。
その間に残りを読みきった本を今日はご紹介します。

イノセント・ゲリラの祝祭

海堂 尊 / 宝島社


この本は2008.11.7に発売されました。更に今月文庫本上下巻が発売されました。
過去に「チーム・バチスタの栄光」の上下巻を買い、一気読みして以来、
このシリーズの大ファンな私。そしてその私に唯一共感してくれるのが実父。
私が読み終えた本を岐阜に送り、彼が読み、電話で「あ~でもない、こ~でもない」等と
読書感想を語るのが、馴染みになりましたが、最近では専らメールです。
この本の感想文(しかも長文で漢字が多く、辞書を要する)が届くのが楽しみです。

さて本題です。田口・白鳥コンビの第4弾シリーズ。
今回は殺人事件が主体ではなく、「医療事故を裁くのは一体誰なのか?」と言う部分が主体です。
かなり専門用語も飛び交い、更には漢字の羅列で読んでいて眩暈を覚えましたが、
読み進める楽しさは、このシリーズの醍醐味でもあります。

いつもはどんどん前に前に出て、ウザイ白鳥が不気味な程、後ろに構えている様が面白く、
グッチーこと田口先生が、知らない間に切り札となり、前に前に出て行かざるを得ない様も
中々滑稽で、マリオネットなのに、感情も持ち合わせていて、素人でもある読者に問題の答えを
見出してくれる役割も担っています。

「医療事故をどうしたら防げるか?」と考えてくれる人がおらず、
机上の空論を淡々と推し進めて満足して、会を進行してしまう厚生省。
そこにメスを入れるべく切り札的役割を任せられたグッチー。
そのグッチーのフォローを水面下でしている白鳥。
更にその白鳥とグッチーの共通の知り合い(彦根)が、グッチーをマリオネットに仕立てる。
そして、最後に爆発をするのは何か?どうなるのか?

読み終えて気持ちがスッキリしたと同時に、最後の締めが次なる波乱を予告しており、
このシリーズはまだまだ続くな?と期待してしまいました。

文中で「極北クレイマー」とリンクする部分があり、また読み返したいなぁと思ってしまいました。
が、その「極北クレイマー」は父の元。図書館で借りるしかありませんね(笑)

このシリーズを定価で買ったのは「チーム・バチスタの栄光」以来でした。
TOLのセールで買ってしまいました。更に他にも読みたくなった海堂先生の本も出てきました。
今年も昨年以上に読書頑張ろうかな?

さて今夜もあっと言う間に見終わってしまう「龍馬伝」を見て、「堂本兄弟」のNOKKOを見て
明日の日勤に備えたいと思います。旦那さんはいつ帰ってくるのかしら?
自由気まま夫婦のじゅぼん家(笑)妻は今からカレー鍋を作って食べようと思います。ではまた。
[PR]
Commented by まお at 2010-01-18 22:19 x
お久しぶりです。
お元気そうで何よりです。私は家族共々元気です。
この本私も買ったけどまだ読んでないよ・・・読みたい本はいっぱいあれどなかなか進まず積読ばかりです。じゅぼんちゃんみたいに次々とは読めないけど負けないようがんばって読むわ^^
仕事も忙しそうですが無理せずほどほどにね^^v
Commented by jyubon at 2010-01-19 00:58
>まおちゃん
コメントありがとう。
この文庫本、本屋で見たらもの凄い数積んであって驚いたよ。
読みたい本を沢山ストックしておくことってイイことなんだって。
私は読んでしまって「次何読もう?」ってなるから大変。
なるべくBOOK OFFで105円で読みたい本を数冊探しておくのです。
子育てして、仕事して、本を読むのは至難の業ですよ。
私は気ままな道楽なんちゃって奥さんだから出来るだけよん。
お互い無理せず、ぼちぼち頑張りましょうね。今年も宜しくね。
by jyubon | 2010-01-17 19:30 | ほん | Comments(2)