食堂かたつむり

みなさん、こんにちは。今日は休みのじゅぼんです。
今日は元同僚と映画を見に行ったので、そちらをご紹介♪

映画 食堂かたつむりHP←クリック♪

この映画は2010.2.6~全国公開されております。
小川糸さんの小説「食堂かたつむり」の映画化されたものです。
私の原作本の記事はこちら…物語の全貌(?!)はこちら…←クリック♪

原作に近い内容で、誇張されてた部分と、そうでない部分とあって、それも良かったです。
何より、美味しそうな料理の数々。昼時だったので、お腹が鳴りました(汗)
それくらい美味しそうな料理なのです。絶品ですよ。(食べてないですけど)

不器用なまで頑固な母娘と、飼ってる豚エルメスの3人家族の話。
更に、娘:倫子が作り出す料理でハッピーを呼び起こすお話です。
非常に心が温まります。1人で見てもよし、家族で見てもよし。是非心を暖めて下さい。
ただし、空腹感で見ると、お腹が鳴ってしまいますので、ご注意を♪

今日は映画+ランチで済ませましたが、明日は1人で映画+買い物を楽しもうと思います。
急に温かくなって、春めいてきて、先日の大雪は一体なんだったんだ?と思う感じです。
ではまた。
[PR]
Commented by myu at 2010-02-10 00:20 x
じゅぼんちゃん、おなかが空きそうな映画だね。
今、よくCMで見ます。心があったかくなりそう。
いろんな人の愛情を感じる映画なのですね。

そうそう、私はじゅぼんちゃんの一人で行動することを
とっても尊敬してますよ!
Commented by jyubon at 2010-02-10 08:15
>myuさん
そうなんです。
私を含め、一緒に行った友人も、お隣のお客さんもお腹が鳴りました。
心温まる映画だと思います。
一人で行動するのは、自由や勝手がきくので、好きなのです。
自分のペースで動ける楽な時間が好きなだけですよ♪
by jyubon | 2010-02-09 17:08 | えいが | Comments(2)