人間失格

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
映画を2本観てきたうちの1本を今日はご紹介♪

映画「人間失格」HP←クリック♪

この映画は、2010.2.20~全国公開されている映画です。
太宰治生誕100年を記念して作られた映画です。

主演が初で、歌でデビューもしたことないジャニーズでは異例な存在:生田斗真クンが主演です。
それも話題のひとつでした。プロモーション活動も大変そうでしたね。

彼の美しさを前面に出した映画だと知り、それを目的に観に行きました。
昭和の戦争を感じる時代のお話で、いい所のお坊ちゃまが、堕落して、精神破綻していくお話。

人は人生に於いて、1度は必ずモテ期が来るのだそうだが、この主人公:大庭葉蔵は、違った。
女にはモテた。それを糧に、金にして、欲しいものを手にしていた。
だけど彼の周りでは、彼の心が追いつかない程の環境の変化が起こる。
そしてどんどん心の中で負の連鎖が繋がり続けて、彼に「死」がまとわり付くようになり、
そして…。

非常に斗真クンは美しくて、繊細で、儚い人を演じておりました。
葉蔵像をリアルに演じていたのでしょう。大先輩相手に動じないで凄いなぁと思いました。

途中、物語が見えなくなりそうでしたが、復習して理解できました。
さすがに「人間失格」を読んでから映画鑑賞する気力は持ち合わせておりませんでした。
すみません。気が向いたら読もうかな?向いたらですけど。

そういえば今回予告で見た来月公開の「NINE」、もの凄く豪華で楽しみになりました。
予告で見れば見る程、そう思いました。楽しみが1つ増えました。
明日は夜勤。また今日見たもう1本の映画を紹介できればと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-02-23 19:16 | えいが