シャッター・アイランド

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
職場の人と映画を観てきたのでご紹介♪

映画「シャッター・アイランド」HP←クリック♪

この映画は、2010.4.9~全国公開されております。
字幕版、吹き替え版と両方同時上映中です。

この映画、予告の段階から字幕版より吹き替え版を押しておりました。
戸田奈津子さん監修の元、プロによるズレのない吹替えを行ったと。
更にミステリー…謎解きには字幕を読む時間が惜しいと。

しかし同僚と私は字幕版を選びました。そんなに苦にならずに進んでいきました。
約2時間半の映画ではありますが、そんな時間が経過したかと思うほど、物語に引き込まれます。

ちなみに物語が始まる前に「この映画のラスト30分に起こる出来事は口外しないこと」のような
テロップが出ました。確かに納得です。
あれを話してしまっては、この物語の面白みが無になってしまいます。

私も仕事柄、トラウマではありませんが、幻視や幻聴のある人に携わります。
物語の舞台は精神病院。島に凶悪な犯罪者が収容されている監獄であります。
みんな自分の手で自分の人生を汚し、そこに居る訳です。まともに思えても一時のこと。

何から何を話したらいいのか…。全部ネタバレになってしまいそうな…、そんな気がします。
ただ同僚と意見が合ったのが、「二度見したい。次回は吹替え版で」と言う事でした。
三者三様の捕らえ方が出来る物語。

人とは思い込みで記憶を創りあげていく動物。どこまでが事実でどこまでが思い込みか?
是非劇場でご覧下さい。オススメです!私は、もう1回観に行きます!ではまた♪
[PR]
by jyubon | 2010-04-09 19:15 | えいが | Comments(0)