高杉さん家のおべんとう   柳原望

みなさん、こんばんは。今日は日勤のじゅぼんです。
今日から怒涛の8日連続勤務です。倒れないように、自分を大切に頑張ります。
今日は、先日TSUTAYAのレンタルコミックで見つけたマンガをご紹介します♪

高杉さん家のおべんとう 2 (MFコミックス)

柳原望 / メディアファクトリー


このマンガは、2010.1.23に第1巻が、2010.6.23に第2巻が発売されてるマンガです。

高杉温巳(はるみ)31歳男子。地理学の博士号を持っているが、就職できずにフリーター。
そんな彼の元に、突然中学1年生の女の子の保護者となる。
彼女は叔母で、7歳年上の美哉ちゃんの娘。美哉ちゃんも亡くなり、娘は1人ぼっちに…。
娘の名前は、高杉久留里(くるり)。

美哉ちゃんは、温巳の家に遊びに行った帰りに、温巳の両親に送ってもらい、
その帰り道交通事故に遭い死亡。温巳が大学生になるまで面倒を見て、突然失踪。
そしてシングルマザーになり、女手ひとつで久留里を育てていた。

そんな経緯があった上での久留里との共同生活。
周囲に怪しまれながらも、徐々に「お弁当」と言うアイテムで二人のコミュニケーションが
図れるようになる。

久留里ちゃんは、特売品に目がなく、節約の鬼。しかし料理の腕はなく、只今勉強中。
ぎこちなく、不器用な彼女だが、学校等にも友人が出来ていく…。

まだ、完結していないお話ではありますが、非常にほのぼのしたお話でした。
久留里ちゃんは、温巳クンを異性として意識しているのですが、
温巳は保護者として必死。今後の展開が楽しみです。

宜しかったらどうぞ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2010-08-17 00:04 | まんが