食べて、祈って、恋をして

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
旦那さんが遅くなると言う知らせを受けた時には、家の近く。
もう1時間早ければ、私まだまだ遊んでから帰りましたわ(笑)
ちなみに今日は、人生で初、映画館で1日3本映画を観ました。実に充実しました。
映画の待ち時間の間、良い買い物も出来ましたし。良き1日でした。
さて今日は、1本目に観た映画をご紹介♪

映画「食べて、祈って、恋をして」HP←クリック♪

この映画は、2010.9.17~の今日から全国公開しております。
ジュリア・ロバーツが主演の映画です。

ニューヨークで活躍する女性ジャーナリストの実話が基になって作られた映画です。
35歳の女性ジャーナリスト:リズは、仕事もプライベートも忙しく毎日を送っていた。
そんな彼女だが、心の中に「うまく言えないわだかまり」のようなものを抱えていた。
毎日悩んだ結果、離婚を決意し、更にはイタリア、インド、バリと1年かけて旅すると決める。
そこで彼女が得たものは何か?

物語の内容を要約すると、そんな感じです。
ただ、ジュリア・ロバーツさんが、私と同じ35歳の設定だとは知らず、
先程HPに行って知った程、もう少し大人の女性のお話だと思って観てました。

私と同じ35歳にしても、仕事も何もかも失っても、前向きに、知らない土地に行き、
少しずつ現地の人と溶け込んで行く様は、勇敢とも言えます。
努力は人一番されてるのでしょうが、毎日実のある日々を過ごします。
男女問わず、様々な人たちに会い、仲間となり、最後に彼女はどんな決断をするのでしょう。

観ていて、素敵な女性だなぁと思ってしまいました。主人公。
そしてバリで出会う男性役のハビエル・バルデムさんを見て、
ミスチルのジェーンに見えて仕方がなかったです。
ハビエルさんって実生活では、ペネロペさんの旦那さんなんですね。
本来ヒゲのある(伸ばしてる&濃い)人は苦手なのですが、彼は魅力的に感じました。

DVDになったら、静かに1人で一緒に瞑想しながら見てみたくなりました(笑)
素敵な時間をありがとう。宜しかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
Commented by cyaz at 2010-09-30 08:39 x
じゅぼんさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m
地震、大丈夫でしたか?

この映画は女性目線で全体が描かれており、男性の思考回路では、
やや納得しかねるところもありました(笑)
ただ様々に映し出される景色や、美味しそうな食事に、
思わず旅に出たくなるような映画でした!
Commented by jyubon at 2010-09-30 11:57
>cyazさん
こんにちは。TB&コメントありがとうございます。
地震は私が住んでる地域は全然大丈夫でした。
でも非難してる地域の方々もいらっしゃるので、油断は出来ないですね。

この映画、確かに男性には不向きだったのかもしれません。
思考回路の構成が違いますもんね、男女は。
cyazさんの記事を読むまで、そんな風に捉えておりませんでした(汗)
数々の料理や壮大な風景には「いいなぁ」とか「行ってみたい」と
思わせてくれる映画でしたね。
パスポートもないくせに、思わずそう思いました(笑)
by jyubon | 2010-09-17 22:51 | えいが | Comments(2)