花空色の美しい日本語帳  道行 めぐ

みなさん、こんばんは。今日は夜勤明けでした、じゅぼんです。
元同僚がつわりが酷く入院している病院へ数時間お邪魔しておりました。
産婦人科って外来は行っても病室は行く機会がないので新鮮です。
痩せた彼女を見る度に、私の脂肪をわけてあげられたらいいのに…と思います。
早く良くなりますように。さて今日は、心が穏やかになる本をご紹介。

花空色の美しい日本語帳

道行 めぐ / 永岡書店


この本は、2009.12.10に発売されております。

見つけたのは昨年、本屋の店頭で。
この本の帯に、女優:栗山千明さんおすすめ!とありまして、気になっておりました。

元々沢山の色が揃った色鉛筆が好きだった私。
12色じゃ飽き足らず、小4の時に24色の色鉛筆をねだって買ってもらって、
図工の時間に使えると胸が弾んでいたのを思い出します。

今では沢山の色が入った色鉛筆は珍しくありません。
何十色入ったカラーペンも存在します。
でも横文字じゃなく、和名で何と言うかって把握しきれてません。
ずっと知りたかった分野の内容が書かれております。
更に空や花にまで至ります。

「美しい日本語」を日々忘れがちになっております。
これを眺めているだけでも、癒されます。
ちゃんとグラデーションでカラーで和名が紹介されてます。
詳しい解説は、かいつまんでありますが、100色を知ることが出来ます。

600円の文庫本。持ってて損はないように思います。
枕元に忍ばせて、心穏やかじゃない時に、色を眺めているだけで落ち着けそうです。
宜しかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-02-03 23:49 | ほん