白夜行

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
昨日から咳と咽頭痛が出現。今日はマスクマンでした。
だけど映画を観ていないフラストレーションが著しく、映画を見に行ってきました。
今日はその映画をご紹介♪

映画『白夜行』HP←クリック♪

この映画は、2011.1.29~全国公開されております。
東野圭吾さんの原作の小説の実写化であります。
過去にドラマ化された作品でもあります。

私自身、ドラマを殆ど見ておらず、切ない話なんだと漠然と感じておりました。
映画の予告を見た時に、独特の負のオーラの根源と行き先を知りたくなって
やっと今日見れました。

感想です。
とにかく………切ない。
人間の力とは恐ろしいものなんだと痛感させられました。
目には見えない繋がり。絆と簡単に言い表せない程の結びつき。
誰にも入る隙もない世界。暗号。そこに何があるのか。
途中長く感じるシーンもあったりもしましたが、見て良かったです。

そうそう、高良クンは将来楽しみな俳優さんですね。
良い意味で影があって、憂いを帯びている。
先日「情熱大陸」を見ましたが、全くつかみどころのない青年でした。
彼、私の12歳下なんですね。兎年万歳!

やはり観たい映画は映画館で見た方がいいですね。改めてそう思いました。
宜しかったらどうぞ♪
[PR]
Commented by cyaz at 2011-02-16 08:40 x
じゅぼんさん、こんにちは^^
東野原作の映像化はなかなか難しいものがありますが、
この映画は原作(未読ですが)から入った方が良かったように感じました。
人として、背反する人生を左右するほどの二人の立場に、
もっと鋭い刃で切り込む切り口があっていいのでは・・・
なんて感じながら観ていました。
高良君、昨年今年にかけて大活躍ですね!
今年は彼にとって代表作が生れそうな気がします^^
Commented by jyubon at 2011-02-17 13:31
>cyazさん
コメント&TBありがとうございます。
東野さんの作品の映像化は難しいものがあるんですかね。
長編が多いので、この作品も原作を読んでいないのです(汗)

原作だともう少し古い時代設定なんですよね?
主人公の二人の幼少期に起こった残酷な出来事が
それぞれの立場で描写されたら、もう少し違った感想があったかも
と思いますが、胸が痛い残酷な出来事には変わりないなぁと
切なくなってしまいました。

高良クンの活躍、代表作はどれになるか。
今年目が離せませんね、本当。
Commented by fuu-mama2 at 2011-02-21 16:50
私、「白夜行」ドラマではまって、原作を読んで、ますます切なくなって、「幻夜」もドド-ッと読んじゃいました♪♪

産後、一人赤ちゃんは旦那にまかせ映画も見てまいりました♪♪

映画をみおわってジンワリしていたら、30代後半ぐらいの付き合い始めカップルが、女「小さいとき辛いことがあって、仕方がないような気もする」と、私(うんうん)、男「あ、でもこれ作りばなしだし」って。(このカップル長くないな)と一人帰ってまいりました(笑)

心が痛くなる話だけど、二人の関係が暖かくて・・・
東野圭吾いい!!
Commented by jyubon at 2011-02-22 13:10
>fuu-mama2ちゃん
さすが、山田孝之ファン!原作も読まれたのですね。
ますます切なくなるんだぁ…。
おぉ映画も観て来れたんだね?自分時間の確保がお上手♪

カップルの話も興味深いですね。
思わず人間観察をしてしまうのは、私達の職業病なのでしょうね(笑)

心が痛いけど、あの2人の誰も入らせない絆の深さや、密接感、
そして忌々しい事件のバランスで読者を虜になさっているのでしょうね。
原作読みたくなりました。情報ありがとうございました。
by jyubon | 2011-02-15 22:53 | えいが | Comments(4)