ジーン・ワルツ

みなさん、こんばんは。今日は日勤のじゅぼんです。
今夜は自分が担当の勉強会もあって、何気に大忙しの1日になりそうです。
さて今日は、昨日見たもう1本の映画をご紹介。

映画『ジーン・ワルツ』HP←クリック♪

この映画は、2011.2.5~全国公開になっております。
海堂尊作品ファンとして、待ちに待った映画でした。

主人公の曽根崎理恵が今の産婦人科界へ問題定義をするお話。
自分なりの考えで、自分なりに可能な方法を使って、彼女は行動を起こす。

原作に忠実な部分と、削除されてる部分と多々ありましたが、
ほぼ忠実に近い形で再現されていたように思います。

ただウィッチこと曽根崎女史を演じた菅野美穂さん。
原作を読んだ私としては、もう少しクールで冷徹なイメージの人を想像していたので、
菅野さんでは優しい印象が残るなぁと思いながら見ておりましたが、良かったです。

そして曽根崎女史の上司に当たる清川先生を演じた田辺誠一さん。
これまた原作のイメージと違って甘く優しい。だけど良かったです。
私的には、高嶋お兄ちゃんの方がイメージに近かったかも?と自分勝手な妄想です。

妊娠とは奇跡。

曽根崎女史は何度も学生に叩き込みます。
妊娠して正常に生まれてくる事の奇跡を忘れてはいけないと。

昨今殺人が氾濫する世の中、低年齢化する出産等、命に対して振り返るのにも
非常に良い題材だと思います。男女共に感じるものがある映画だと思います。

私、何度も泣いてしまいました。
原作を読んで知っているのに、やはり命の誕生ってドラマだし奇跡なんだと感じました。
俳優さんもみんな素晴らしくて、特に浅丘ルリ子さんが、原作のイメージ通りな存在で、
更に感動してしまいました。

この映画では描かれなかった側面を知るには「マドンナ・ヴェルデ」と言う小説を
オススメします。曽根崎女史の別れた旦那さんの事など、詳しく理解できますから。
そして「ジーン・ワルツ」のその後を知ることが出来ます。

海堂作品は、どんどん実写化されますね。
小説も読み続けますし、実写化されても、追いかけて見続けます。
それくらい虜にする何かがあるんですよね。今後も期待します!ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-02-16 00:12 | えいが