かたみ歌   朱川 湊人

みなさん、こんばんは。今日は日勤のじゅぼんです。
今夜は会議ラッシュ。私頑張れるんだろうか。資料も作れてないし。
今日は、現実逃避で思わず読みふけってしまった本をご紹介します♪

かたみ歌 (新潮文庫)

朱川 湊人 / 新潮社


この本は、2008.1.29に発売されております。
朱川 湊人さんは、(しゅかわ みなと)さんとお読みするようです。

水曜日、髪を切って、気分が高揚していた私。
いつも行く本屋に立ち寄ったのですが、普段と違う所に目が行って、
柱にこの本が並べられていて、「涙腺崩壊。」と言う本の帯に目が行って、
気づいたら購入しておりました。

実際読んでみると、私の場合は涙腺は崩壊しませんでしたが、
何とも言えない切ない感じが心に残りました。

1つ「この話知ってる!」と言う話がありました。
「栞の恋」と言う話です。
調べてみたら、『世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・秋』で掘北真希ちゃんが
演じていたお話でした。そうでしたよ。内容が印象的で、ノスタルジックなんですよ。

ここの小説に出てくるお話は、昭和40年代の話で「アカシア商店街」と呼ばれる地域の
お話であります。架空のお話ではありますが、良い意味で昭和の匂いがプンプンします。
忘れていたけど、忘れてはいけない忘れ物がここにあるような気がします。

涙腺が崩壊するかは別として、昭和に触れるのに良い本だと思いました。
宜しかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-02-25 00:57 | ほん | Comments(0)