八日目の蝉  角田光代

みなさん、こんにちは。今日は休みでした、じゅぼんです。
今日は、2週間くらい前に読み終えた本をご紹介します。

八日目の蝉 (中公文庫)

角田 光代 / 中央公論新社


この本は、ハードカバーが2007.3.25に、↑の文庫本が2011.1.22に発売されています。
現在公開中の映画「八日目の蝉」の原作本であります。

物語は第1章と第2章の2章からなります。
第1章では、野々宮希和子が愛人の秋元丈博の子供を誘拐して、育て、逮捕されるまでが、
第2章では、その誘拐された赤ちゃんだった秋山恵理菜(薫)が大学生になり、身ごもり、
自分の過去と向き合うまでを描かれています。

2人の人生は、4年間一緒に過ごしただけで、赤の他人ではあるけど、
どこかで似てて、ニアミスもしている。

色々考えさせられる話で、私は一気読みする本だと思いました。
ただ私は2回の皮膚科受診の待ち時間で読破してしまいました。時間にすると2時間くらい。
早く読める人はもっと早く読めるかもしれません。
それくらい夢中に読める本でした。

映画化されるのもうなづけます。
そして映画の配役を思い浮かべながら読むと、もっと読みやすいかもしれません。
少なくとも私はそうでした。

子供が産めない女性。
子供を産んだけど、心に欠陥を正当化しようと、自分自身のことでいっぱいいっぱいな女性。
そしてその二人の女性を天秤にかけ、二人とも幸せに出来ずに、ただ生きている男性。
そんな男性に似た男を好きになる女性。

色々な人間がいるけど、ここまで濃厚に、様々な人間を描いた内容を描ける角田さんを
本当に尊敬します。そしてまた彼女の本を読んでみようと思いました。ではまた。
[PR]
Commented by remisakurako at 2011-05-29 20:57
櫻子です。角田光代さん好きなので、2007年3月に出版してすぐに「八日目の蝉」読みました。すごく切なかったです。やっぱり一気に読んでしまいました。
読んでからもう4年もたったんだ!そう最近映画になったので、もう一度読みたいな。って思っていたんです。

私の一番好きな作家は東野圭吾さんです。東野ワールドは単なる推理小説ではなく泣ける位感動できる作品がたくさんあるので、
どんでん返しもすごいし。
読書好きです。こんな雨の日は読書日和ですね。
Commented by samyu at 2011-05-29 22:58 x
NHKのドラマで見ました。
じゅぼんちゃんの記事を読ませてもらっていたら
小説とドラマはちょっと違うのかな?

Commented by jyubon at 2011-05-30 12:01
>櫻子さん
既に刊行されて、即読まれていたのですね?
忙しい中、読書もされているとは、スーパーママですね。
是非、もう一度読破してみて下さい。

東野さんの本、友人から譲り受けた本があるのですが、
明日夜勤明けで待機なので、朝まで熟睡出来ないので、
その時に読もうかと思っております。

今日のような暴風雨の時は、寝ているしかないですけど、
読書もいいですね。
Commented by jyubon at 2011-05-30 12:02
>samyuさん
NHKのドラマも見るつもりが結局見そびれてて…。
だから、どこがどう違うのかが分からないのですが、
先日最終回を迎えた「マドンナ・ヴェルデ」も原作と違うので、
多分、多少手が加わっているのだと思います。
小説は、気分があまり落ち込んでいない時に読むのをオススメします。
Commented by fuu-mama2 at 2011-05-30 21:14
映画夜な夜な見てきました~。最後、泣けました。
原作を読んでいなかったので、次の日すぐに購入したのですが...
触れてません。

NHKのドラマは見てなかったので、再放送されないかなぁ~。

読書した~い!!
Commented by jyubon at 2011-06-04 10:46
>fuu-mama2ちゃん
映画、泣けたんですね(涙)DVDになったら見たいです。
私も貴女様から譲り受けた本に手を付けていません。
今度ナースなし夜勤の待機当番の時に、読もうかと思います。
↑の原作、多分私以上にサクサク読み進められると思うよ。
by jyubon | 2011-05-29 19:40 | ほん | Comments(6)