腑に落ちない。

仕事のモチベーションが日に日に落ちていく。
過去最高急加速。

私自身、今の職場は、開設当初からいて、完全に古株。
「利用者さんのことがどうでも良くなったら辞める」と決めていました。
そして今、まさにその状態。色々原因を考えました。

考えた原因(経緯)は以下の通り。

01.震災後、色々ありすぎて、疲労が蓄積していて、正常に思考が機能していない

02.震災の影響で、人材の移動が激しすぎて、利用者も職員も落ち着かない環境

03.そのような環境下でも、それなりに落ち着いて来た矢先に、中途採用者に上司がお熱

04.上司がお熱と言っても、恋愛ではなく、資格や経験者であることに、有望視してるだけ

05.その人間の言う事を全て鵜呑みして、今までの職員の事や、業務を完全否定しているだけ

06.更に、その中途採用者は津波で職場を失った人間

07.その中途採用者を中心に、経営者が「業務改善委員会」なるものを一方的に発足

08.「業務改善委員会」のメンバーに何故か自分も任命される

09.委員長は中途採用者が立候補

10.委員会も中途採用者と上司の中で、秘密裏に作戦を練られてた感も否めない

11.そのためか、疎外感を自分自身感じている

12.疎外感を持ちながらの委員会でも、委員長が発していることを理解は可能

13.ただ理解出来ても、腑に落ちない。

14.結局、今まで自分達がやって来たことを真っ向から全否定されている

15.否定しただけでなく、バカにしているようにしか感じ取れない

16.結果、自分がいなくても良いと言う気持ちになった



こんな「負の連鎖」なんですね。
辞めるのは簡単だけど、逃げている感じもする。
だけど、前向きに笑顔で「頑張ります!」とは言えない。
自分で表情がなくなっていくのがわかる。血の気が引いていく。
無表情で、無気力で、無感動。

自分が能天気に職場に行っているのも馬鹿馬鹿しい。
自分の仕事ぶりも、行動も全てチェックされて、罵られないだけで、バカにされて終わり。
勝手に盛り上がってやりたい人達でやれば?って言いたくもなる。

「どうせバカにするんでしょ」「どうせ笑っているんでしょ」
「どうせ」「どうせ」とマイナスしか産まないオーラを解き放ってしまうだけ。
職場でも家でも。

初めて「実家に帰って出稼ぎするかなぁ」とまで考えております。
ここまで考えるのは初めてですし、そこまで今の職場に対して情がなくなっています。
「業務改善」する前に、職場を去るのが早いのかもしれません。

「今の職場の良さ」を探そうともせず、伸ばそうともせず、
「外の空気を入れて、良い所は吸収していきましょう」と、上司は浮き足立っている。

今すぐ辞表は出さないにしても、自宅で休んでいても悶々としてしまうので、
自分の今後を真剣に考えようと思う。
[PR]
by jyubon | 2011-06-02 00:34 | おしごと | Comments(0)