神様のカルテ

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
半分諦めていたのですが、ようやく思い腰を上げて見て来た映画を、今日はご紹介します♪

映画「神様のカルテ」HP←クリック♪

この映画は、2011.8.27~公開されております。
小説「神様のカルテ」の映画化されたものです。

「神様のカルテ」を読んだ記事はこちら←をクリック♪

原作を読んで、確か泣いてしまいました。
勝手に涙が出てきたんです。

初めは、夏目漱石を愛する主人公:栗原一止(いちと)先生の漱石口調に馴染めずに、
読み進めるのが苦労した覚えがあります。
でもどんどん読み進めると、医療の話でもあるので、一気に読んだように記憶しています。

心を救う医師である栗原先生。技術も知識も大学病院の医師に認められる程の腕がある。
だけど地元密着の病院に根付く決意をする。それはそれは悩んで悩んで。

医療や福祉は何が正しくて何が悪いのか、その人の価値観によりけりな世界である。
誠意と熱意があっても、相手に届かなければ空回り。
相手の事を思って対応しても、自分の意見を押し付けてはいけない。
患者さん(利用者さん)の意見を聞いて、受け入れて、その上で対応する。
これがベターでベスト。そして中々実行に移すのが容易でない。

その世界で、理想とも思える対応をされたのが栗原先生だ。
だけど、考え方によっては「えこひいき」に過ぎないかもしれない。
でも1人の人に真摯に向き合って、答えを出していく様は、見習うべきだし、
本来そうあるべきなんだと反省した。

今ほど仕事がスピードも速く、スムーズに出来なかったあの頃の私に出来ていた事。
患者さんの話を傾聴して、出来る限り叶えてあげようと努力した、あの頃。
今はそれが出来ていない。あの頃を思い出させてくれた。

実際本を読んだ時以上に、涙が溢れて、3回も泣いてしまった。
演技派が沢山揃ってる映画だったし、内容も素晴らしかったから泣けたのだと思う。

震災後、心がささくれてて、最低な言葉掛けしか利用者に出来ていなかった。
今度何かあった時は、出来る限り相手が望む言葉をかけられる看護師でいたいと思った。

原作は2冊出ているので、是非映画も「神様のカルテ2」を制作して欲しいなぁと思いました。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-08-30 22:33 | えいが