夜明けの街で  東野圭吾

みなさん、こんばんは。今日は日勤のじゅぼんです。
週の始まりです。色々仕事もありますし、肩書きなりの業務に追われる様になりました。
だけど、人間同士、コミュニケーションと気持ちのスレ違い生じて、
前に進むのが本当に難しいです。でも、めげずに頑張ります。
さて今日は、昨日読み終えた本をご紹介します♪

夜明けの街で (角川文庫)

東野 圭吾 / 角川書店(角川グループパブリッシング)


この文庫本は、2010.7.24に発売されております。
ハードカバーは、2007.6.30に発売されております。

今年10月~全国公開の映画「夜明けの街で」の原作本でもあります。
この本、割引券等と利用して、660円の所を、360円で購入しました。

東野圭吾さんの初の恋愛ミステリーだそうです。「不倫」がテーマの物語。
「白夜行」「幻夜」の衝撃が記憶に新しい私は、あの衝撃が来るのかとどこかで期待してました。
そこまでの衝撃はないものの、良い意味で裏切られました。

物語の内容は以下の通り。(角川のHPより抜粋)

15年前の殺人事件。
まもなく時効を迎える。
僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた――。

渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。
僕の目には若く見えたが、彼女は31歳だった。
その後、僕らの距離は急速に縮まり、ついに越えてはならない境界線を越えてしまう。
しかし、秋葉の家庭は複雑な事情を抱えていた。
両親は離婚し、母親は自殺。
彼女の横浜の実家では、15年前、父の愛人が殺されるという事件まで起こっていた。
殺人現場に倒れていた秋葉は真犯人の容疑をかけられながらも、沈黙を貫いてきた。
犯罪者かもしれない女性と不倫の恋に堕ちた渡部の心境は揺れ動く。
果たして秋葉は罪を犯したのか。まもなく、事件は時効を迎えようとしていた…。
緊迫のカウントダウン。衝撃のラストシーン。


映画では、渡部を岸谷吾朗さん、秋葉を深田恭子さん、渡部の妻を木村多江さんが
演じます。その3人を思い浮かべながら読んだので、読み進みやすかったです。
映画ではどんな風に↑の話がまとめられているのでしょう。

大きな被害をもたらした台風も遠くに行き、秋風が家に入ってくる中、
この物語を読むのはピッタリな気がしました。
主人公の名前が「秋葉」ってのもありますし、冬ではない秋の気候が合ってる気が
私が勝手に思ったのです。

最後に、秋葉の告白を読み進めていくうちに、最初は素直に聞き入れられなかったです。
上手く咀嚼出来ず、嚥下すらままならない。
だけど、「だから…なのか」と思えました。彼女が15年間抱えていた秘密が判ります。

映画の主題歌は、最近精力的に活動されている久保田利伸さんです。
映画館に足を運ぼうと私は思います。

今月から来月にかけて、見たい映画が目白押しで、映画館に足繁く通いたいと思えて来ました。
非常に良い傾向です。やっと以前のような生活に戻そうと思えるのでしょうね。
皆さんも小説・映画ともに、宜しかったらどうぞ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-09-05 00:03 | ほん