任せる技術 小倉 広

みなさん、こんばんは。今日は日勤のじゅぼんです。
最近12時間以上職場に滞在している事が多々あって、第二の我が家化してます。
さてそんなダメダメな私のモチベーションを上げてくれた本をご紹介します♬

任せる技術―わかっているようでわかっていないチームリーダーのきほん

小倉 広 / 日本経済新聞出版社


この本は、2012.1.25に発売されております・

「わかっているようでわかっていないチームリーダーのきほん」が掲載されております。
分かりやすいように、表や例などもあって、導入しやすい内容であります。
この本をこのタイミングで見つけられたのはラッキーでした。

先月の事、上司に「もっと意見を(部下に対して)言っていけばいい」みたいな事を
指摘されました。

元々性格がハッキリしている上、ハッキリ言っているつもりでしたが、
上司の前で、あからさまに「私やってますオーラ」を一切出さずに、
上司がいない所で、指摘や、注意を行なっていました。

しかし上司の目がない所での話。上司は「やっていない」とみなす訳です。
当然と言えば当然なんですけど、媚売るのも嫌ですし。

教え方一つ、本当に頭を悩ませていました。
同じことを言ってもやれる子とそうでない子の格差。
自分の負の要因を媚びて挽回しようとする子。
自分に対して冷静に見られない子。注意されてても全く何も感じない子。

様々な人がいて組織は成り立っております。
でも本当に、その組織に属した人を、いかに効率良く動かすかに仕事量のこなし方も
大きく変わってきます。

この本、本当に私のような肩書きに慣れていない人間には持ってこいです。
肩書きの有無関係なく、本当に参考になりました。

すぐ導入出来るかどうかは不安ではありますが、1つでも多く導入できるように
自分磨きを頑張ろうと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-03-07 22:57 | ほん