捨てる生き方  浅野 裕子

みなさん、こんばんは。今日は夜勤のじゅぼんです。
もう3月も終わってしまいますね。4月がすぐそこまで来ています。
昨年からやろうと思いながらも実行に移せていない事が多々あります。
そんな私に優しい愛のムチを撃ってくれた本を今日はご紹介♪

捨てる生き方 (知的生きかた文庫――わたしの時間シリーズ)

浅野 裕子 / 三笠書房


この文庫本は、2012.2.21に発売されております。
単行本は、2007.3月に発売されております。

彼女の本は以前から気になっていたのですが、手にとってもレジまで運ばずに、
陳列に戻す候補になってしまう存在でした。

しかし昨日は速攻で「買おう!」と値段も見ないで手に取って買ってしまいました。
いつ避難してもいいような体制を取らなければいけない…と頭で理解してても、
実際全く手付かず。

不要なものを捨てる。そうすれば体にも良い影響を及ぼす。
頭では理解出来ているのです。だけど行動が伴わない。

浅野さんの本の中で、「捨てる」事も推進されていますが、それだけではなく、
出来ないなりの努力の方法がさりげなく書かれているので、
落第生の私にもビーナス(女神)のように微笑んで「大丈夫よ」と言ってくれてる
そんな気持ちにすらなるのです。


人生がもっと快適になる「捨てる生き方」
 
一瞬のうちに人生が変わる「生き方整理術」! 今よりずっと自由に生きられる! 


この表紙に私は心を奪われました。
非常にシンプルなデザインと厳選された言葉。
更に私が本文の中で共感したり、胸が躍ってしまった内容は以下の通り♪

「自分のための時間」をつくる。…時間に終われる毎日と決別する
*「本屋さんで過ごす時間」の素敵なエネルギー
*「朝」を最高に優雅に過ごす効果
*「自分の時間」を無駄遣いしない

「身の丈に合ったお金」を使う。…無駄なものに大切なお金をかけない
*人生を楽しむためのお金の使い方
*無駄なものに大切なお金をかけない
*衝動買いのワナに引っかからない
*「自分でお金を稼ぐ」と言う幸せ

「人間関係」を上手に整理する…あなたに必要なら必ずつながる
*意識して「ひとりの時間」をつくる
*心身の疲れを感じるときの処方箋
*生き方の手本となる人を探す
*たった1日で、新しい自分に生まれ変わる法

一番嬉しかったのが「たった1日で、新しい自分に生まれ変わる法」
私が休日によくしている「気ままに過ごす」休日。
ただ“気ままホリデー”は月に1回が鉄則なんだそうです。
私のように「よくしている」のは「自堕落」に値してしまいます(汗)

どこかは自分自身の過ごし方に当てはまっている部分もあって、
自分自身全否定されている訳でなく、少し軌道修正すれば、
著者さんがおっしゃる「生き方整理術」をマスター出来るのではないかと思います。

物事は考え方。時間も使い方。生き方も然り。
自分の生き方の参考になることが多々あったので、少しずつ取り入れていければ…と
思います。皆さんも宜しかったらどうぞ♪ではまた。
[PR]
Commented by ryo_1989 at 2012-03-27 23:25
じゅぼんさん、こんばんは。
いよいよ4月が迫ってきましたね。
僕は環境が180°変わるので、ビビりっぱなしです(笑)。
この本、買って読んでみようかな♪
Commented by jyubon at 2012-03-28 11:01
>りょ~クン
4月は目の前。カウントダウンですよ。
環境って、どんな時でも変化を伴うと不安がつきものです。
でも自分で決めた道。後悔はしないと思います。
後悔しても、そこからまた始めればいいんです。
この本、興味が沸いたなら、手持ち無沙汰な今日この頃にどうぞ♪
by jyubon | 2012-03-27 00:13 | ほん | Comments(2)