集団生活の大変さ

みなさん、こんばんは。遅番でした、じゅぼんです。
久しぶりに主任さんと何気ない会話しました。だからって何?って感じですよね?
最近私が彼女に気を遣いすぎて私が結構避けてたのです。
彼女は去年精神的にうつ状態になり一ヶ月休養。
今年四月には乳癌が解り、OPEと治療目的で2ヶ月休養してました。
なので結構無意識に気を遣うんです。気遣いが超苦手なのに…。

今日は久々の入浴介助・着脱編。服を脱がせたり着せたりする係りです。
私はそれに処置もついてきます。
私の居室担当のOさん。とてもにぎやかな彼女。
満腹中枢がおかしくなり(認知症)常に「腹減ったぁ~腹減ったぁ~マンマくれ」
等と言ってます。本当は「マンマさ、くいろ~。マンマさ、くいろ~」です。
これは方言も入っていますが、とにかく手拍子つきで訴えてます。
そして自分が早食いだからってまだ食べ終わってない方のご飯まで手を出す始末。
そして今日は、そんな彼女の「カンファレンス」という今後の方向性(ケアプラン)を
決める会議でした。
彼女はこの状態では職員が常に彼女に付きっ切りなので
病院で入院加療していただく方向で話を進めました。でもまだ決定ではないですけど。
彼女は悪い人ではありません。でも他の入所者までおかしくなるのです。
集団でいなければならない施設生活の難しさが浮き彫りになった気がします。
将来的にはどんな症状の認知症でも受け入れてくれる
手厚い介護・看護が出来るといいのになぁ。実際問題難しいですね…。
[PR]
by jyubon | 2005-08-29 20:31 | おしごと