山下達郎 シアターライブ PERFORMANCE 1984-2012

みなさん、こんばんは。大変ご無沙汰しておりました。今日は休みでした、じゅぼんです。
今日は、1週間限定で上映中の「山下達郎シアターライブ」を見てきました。

「山下達郎 シアターライブ PERFORMANCE 1984-2012」HP←クリック♪
(↑から曲目も知ることができますので、気になる方はお調べくださいませ。)

映画予告はこちら…↓



この映画がある事を、1週間前の日曜日に、利用者さんのラジオから知りました。
たまたまその部屋にいた時に、達郎さんのラジオ番組で、そしてたまたま奥様も出演。
奥さんの竹内まりやさんも、この映画を絶賛しておりました。

私はその日、家に帰り、速攻調べて、いつも行かない映画館でしたが、
自分で行ける範囲の映画館での上映がわかり、更に唯一見れるのが8/27のみ。
そして18:10の回だけしか観るチャンスがないことが分かりました。

旦那さんに伺いを立てて「いいよ」と夜遊びの許可をいただけたので、即チケットを購入。
そして今日に至った訳であります。

元々、好んで山下達郎さんの曲を聴いていた訳ではありませんが、
街中やラジオやTVから流れていれば聞く程度でありました。
私の山下達郎さんの印象は、「毒舌な音にこだわるロン毛のおじさん」でした。

しかし約2300円で90分間とは言え、最高のサウンドで大画面で見れる訳ですから、
行かないと損だと思い、行きました。

やはりお客さんは、往年のファンの方々が多く、私より若い感じのお客さんは少なかったです。
しかし平日、今日は月曜日の夕方に関わらず、結構人が入っていました。
ちなみに当日券は2500円。

曲目は、HPから調べられます。
私は調べずに、「どんな曲なのかな?」といった感じで見ておりました。

まず、1曲目から、面食らいました。
動く山下達郎氏を見た衝撃と同時に、ギターの凄さに圧倒されてしまったのです。
30年近く前の映像と今年の映像では、風貌も雰囲気も変わってきます。
だけど歌声は全く変わらないのです。
あの声の伸び。淡々と熱くエネルギッシュに歌う達郎氏。
ただただ釘付けでした。

真剣な眼差しで歌う顔も、はにかんだ笑顔を垣間見せる顔も、とにかく素敵でした。
夏フェスで歌った曲が、映画の最後の曲でしたが、フェスの会場に来ていた若いお嬢さんが
達郎氏の歌声を聴いて涙している姿がアップで写り、それでもらい泣きした私。

小学生の頃、AMラジオでカウントダウン番組で、当時のヒット曲を一所懸命聞いてました。
「明星」の歌本を片手に、流れて来る曲に耳をすませ、歌詞を目で追って、聞いていました。
そんな30年近く前の事を思い出しました。

聴きたい曲が1曲だけ聞けませんでしたが、来月発売のベストアルバムを買おう!と
この映画を見て思いました。


「毒舌な音にこだわるロン毛のおじさん」は、本当に凄い人でした。
改めて「山下達郎と言う人は凄い!」と言っておきます。
もし8/31までの期間に見れるチャンスがある方は、是非映画館でご覧下さい。
一見の価値、大アリですよ。もう1度見たいくらいですもん。
宜しかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
Commented by 240_8 at 2012-08-27 23:58
こんばんは。
実は私も今日、行こうと思っていたんですが、珍しく仕事が立て込み断念。明日行こうと思ってます。
東京では今日も満席だったようです。私の周りではこの映画のことを知っている人は誰も居らず、名古屋では人が入っているのか気になりますが・・・。
Commented by jyubon at 2012-08-28 19:46
>240_8さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
今頃大画面の達郎氏とご対面されている頃でしょうか?
あの映像を思い出すだけで、本当にまだ興奮します。
「あのおじさん、本当に凄いや」と仕事をしながら思ってました。
今朝、職場で上司から思いがけない告白を受け、狼狽えて、
腑抜けな状態になっていた私でありますが、
あのエネルギッシュなロン毛のおじさんの姿を思い浮かべて
奮起して、珍しく定時に仕事を終えることが出来ました。

東京では満員だったのも頷けます。
名古屋も結構人が集まりそうだと思いますよ。
仙台ですら、平日あの人数だったですからね。
是非ご覧になったらブログでUPなさってください。
私の拙い内容とは比べ物にならない位の内容でありましょうから。
とプレッシャーをかけたらいけませんかね?(笑)
感想楽しみにしております。
Commented by cyaz at 2012-08-28 22:35 x
じゅぼんさん、こんにちは^^
これ、僕は横浜で観て来ました~♪
そもそも達郎世代ですし、残念ながらコンサートには行ったことがないのですが、
達郎の性格からして、ビジュアル映像はパッケージ化されないと思うので、
このシアター・ライヴは必見でした。
確かに映画として観ると2,500円は高いかもしれませんが、
凝縮されたライヴ映像は、コンサートに行ったと考えれば安いものでした。
充実した内容にふとその昔、達郎がセルフ・プレゼンを開いたとき、
目の前で3曲を弾き語りをしてくれたことを思い出しました。
うち1曲は「ゲット・バック・イン・ラブ」でした。
このシアター・ライヴ、観て本当に良かったです!
Commented by jyubon at 2012-08-28 23:32
>cyazさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
横浜で達郎氏を見たなんて、何だか雰囲気がありますねぇ。
パッケージ化は難しいんですかね?
だから私37歳にして、あれだけ動いている達郎氏を
見るのが初体験で、更に衝撃を受けたのでしょうかね。

2500円で中島みゆきさんの「歌旅」を見た者として言えば、
この2500円は非常に安いと思いました。
「ゲット・バック・イン・ラブ」が聞きたかった1曲でして、
それを聞いたことのあるcyazさんが羨ましく思いました。
このシアター・ライブ、私も見れて本当に良かったです!
Commented by kel0922 at 2012-08-31 20:00 x
こんにちは、私も今日見ました。よかったですね。
「毒舌な音にこだわるロン毛のおじさん」には笑いました。
Commented by jyubon at 2012-09-01 06:38
>kel0922さん
おはようございます。はじめまして。
コメントありがとうございます。
職場の同僚にも勧めて半ば強引に「行け!」と言ったら
行ってきて「本当良かったッス」と言われました。
最終日に見れて良かったですね。
「毒舌な音にこだわるロン毛のおじさん」は凄いおじさんで、
こんな凄い人だと今知って、人生損してた気持ちにすらなりました。
その表現が一番自分的には合ってると思ったのですが、
大ファンの方々からしたら、失礼な奴なんでしょうね。
しばらくは「凄いおじさん」だと豪語しておきます(^_^;)
by jyubon | 2012-08-27 22:25 | えいが | Comments(6)