山下達郎 シアターライブ PERFORMANCE 1984-2012

みなさん、こんばんは。大変ご無沙汰しておりました。今日は休みでした、じゅぼんです。
今日は、1週間限定で上映中の「山下達郎シアターライブ」を見てきました。

「山下達郎 シアターライブ PERFORMANCE 1984-2012」HP←クリック♪
(↑から曲目も知ることができますので、気になる方はお調べくださいませ。)

映画予告はこちら…↓



この映画がある事を、1週間前の日曜日に、利用者さんのラジオから知りました。
たまたまその部屋にいた時に、達郎さんのラジオ番組で、そしてたまたま奥様も出演。
奥さんの竹内まりやさんも、この映画を絶賛しておりました。

私はその日、家に帰り、速攻調べて、いつも行かない映画館でしたが、
自分で行ける範囲の映画館での上映がわかり、更に唯一見れるのが8/27のみ。
そして18:10の回だけしか観るチャンスがないことが分かりました。

旦那さんに伺いを立てて「いいよ」と夜遊びの許可をいただけたので、即チケットを購入。
そして今日に至った訳であります。

元々、好んで山下達郎さんの曲を聴いていた訳ではありませんが、
街中やラジオやTVから流れていれば聞く程度でありました。
私の山下達郎さんの印象は、「毒舌な音にこだわるロン毛のおじさん」でした。

しかし約2300円で90分間とは言え、最高のサウンドで大画面で見れる訳ですから、
行かないと損だと思い、行きました。

やはりお客さんは、往年のファンの方々が多く、私より若い感じのお客さんは少なかったです。
しかし平日、今日は月曜日の夕方に関わらず、結構人が入っていました。
ちなみに当日券は2500円。

曲目は、HPから調べられます。
私は調べずに、「どんな曲なのかな?」といった感じで見ておりました。

まず、1曲目から、面食らいました。
動く山下達郎氏を見た衝撃と同時に、ギターの凄さに圧倒されてしまったのです。
30年近く前の映像と今年の映像では、風貌も雰囲気も変わってきます。
だけど歌声は全く変わらないのです。
あの声の伸び。淡々と熱くエネルギッシュに歌う達郎氏。
ただただ釘付けでした。

真剣な眼差しで歌う顔も、はにかんだ笑顔を垣間見せる顔も、とにかく素敵でした。
夏フェスで歌った曲が、映画の最後の曲でしたが、フェスの会場に来ていた若いお嬢さんが
達郎氏の歌声を聴いて涙している姿がアップで写り、それでもらい泣きした私。

小学生の頃、AMラジオでカウントダウン番組で、当時のヒット曲を一所懸命聞いてました。
「明星」の歌本を片手に、流れて来る曲に耳をすませ、歌詞を目で追って、聞いていました。
そんな30年近く前の事を思い出しました。

聴きたい曲が1曲だけ聞けませんでしたが、来月発売のベストアルバムを買おう!と
この映画を見て思いました。


「毒舌な音にこだわるロン毛のおじさん」は、本当に凄い人でした。
改めて「山下達郎と言う人は凄い!」と言っておきます。
もし8/31までの期間に見れるチャンスがある方は、是非映画館でご覧下さい。
一見の価値、大アリですよ。もう1度見たいくらいですもん。
宜しかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-08-27 22:25 | えいが