時のシルエット  aiko

みなさん、こんにちは。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
さて今日は、一昨日ライブに行った、aikoの最新アルバムをご紹介します。

時のシルエット (通常仕様)

aiko / ポニーキャニオン


01.Aka
02.くちびる
03.白い道
04.ずっと
05.向かいあわせ
06.冷たい嘘
07.運命
08.恋のスーパーボール
09.クラスメイト
10.雨は止む
11.ドレミ
12.ホーム
13.自転車

このアルバムは、2012.6.20に発売された、aiko10枚目のオリジナルアルバムです。

昨日のライブでも、このアルバムの曲を中心にやって下さいましたが、
今月、本当に精神的にしんどかった私に一番寄り添ってくれたアルバムとも言えます。

落ちる所まで、精神的に落ちて、そこから這い上がって、そんな私を支え、見守ってくれた
楽曲たちです。

「Aka」の中では、「泣いてしまうなんて もったいない」と歌っておられ、
「だけど 泣けてしまうのよ。aiko」と悲痛な心の内を曲にぶつけ、聴いて泣き、
「ドレミ」で「すき きらい」と連呼され、自問自答を続け、私はどこへ行くのだろうと
思い悩み、「雨は止む」で「雨降って地固まる」かぁ、と勝手に腑に落ちたり。

過去彼女のアルバムを聞いてきましたが、リアルに生活に、人生に、
ここまで寄り添ったアルバムはありませんでした。

大げさに言うと、このアルバムの楽曲たちが、自分の細胞になったような、そんな感じです。

どの年代にも、当てはまる感情があって、自分に置き換えて聞くことが出来ると思います。
生歌を聴いて、歌声の凄さを全身で感じて、泣けたのだと思います。

そして絶対に何度も目が合ったのは間違いありません(笑)でも本当、そう思ったし。

毎日生きていて、人に出会って、それが奇跡だし、幸せなことだったのだと、
震災から1年半で、忘れつつあった自分の不甲斐なさに落胆しつつ、
一昨日のライブで思い起こしてくれたaikoに感謝しました。

初夏に出たアルバムですが、秋になる今聴いてもピッタリだと思います。
宜しかったらお聞き下さいませ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-09-20 11:00 | おんがく | Comments(0)