映画「100回泣くこと」

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
昨日からブログを再開しております。
今日は、先週の今日(月曜日)に、元同僚と急遽予定が合って、見に行った映画をご紹介♪

映画「100回泣くこと」HP←クリック♪

この映画は、2013.6.22から全国公開されております。
関ジャニ∞の大倉クンが主演の映画であります。

原作は、中村航さん原作の小説「100回泣くこと」です。
原作を読んだ記事はこちら…小説「100回泣くこと」感想←クリック♪

原作と映画では、主人公の藤井クンの記憶喪失の有無が違う点であります。
原作では記憶喪失ではありません。その他諸々違う点もありますが、
映画を見て、「観て良かった」と思いました。

原作でも泣いた私でしたので、泣くことは覚悟の上での鑑賞でしたが、
思った以上に泣いてしまいました。

幸せはいつまでも続かない。
後悔は後についてくる。先回りはしてくれない。
その時々のベストだと思った行動でも、誤解を招く事は大いにしてある。
人を信じ抜く力は、芯の強さ、自分自身への強さの現れなのだと、
この映画を通して思いました。

毎日後悔や、反省することはあります。
親友に「反省はアカン。気づきなんや。」と言われて「ハッ」としました。
捉え方の違いかもしれませんが、「反省は繰り返してしまうもの」と教えられ、
「気づけて良かった」と思えること有り難さを感じられるようになって、
自分自身、気持ちに余裕が生まれてきたように思います。

張り詰めていた、思いつめていた今年初め。
あの頃の自分にはない心持ちです。

そのせいか、映画を見ることも、出かける事も減りました。
日常が平穏で、変化を求めなくなって、無理して別世界に足を踏み込まなくても
気分転換が出来るようになったからかもしれません。

この映画も原作も泣けます。
泣くことは、ある種のストレス解消にもなります。
ストレスが溜まっている方、恋愛モノを久々に見たい方にオススメです。
桐谷美玲ちゃんが、本当に可愛いです。宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2013-07-01 00:00 | えいが