風立ちぬ

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
月曜日に映画を見てきました。その映画をご紹介します♪

映画「風立ちぬ」公式サイト←クリック♪

この映画は、2013.7.20~全国公開されております。宮崎駿監督の最新作です。

実在した小説「風立ちぬ」の作者:堀辰雄と、零戦の設計士:堀越二郎に起きた出来事を
ごちゃまぜにして、1人の主人公像を作り上げて構成された作品です。

時は大正~昭和初期。関東大震災を経て、戦争へ向かう、激動の時代背景を描きつつ、
大人の恋愛模様まで描かれております。

非常に純粋だけど熱い。見えない糸ってあるものだと思います。

劇場では、子供さんも見ておられましたが、子供さんにはどう写ったのでしょうね。
大人の年の私は、楽しく、切なく拝見しておりましたが、子供さんには退屈だったかしら?

エンドロールで流れる、ユーミンの「ひこうき雲」は最高です。
この映画のための曲にしか思えませんでした。
しばらくこの曲を聞いたら、「風立ちぬ」の主人公の2人を思い出します。

大絶賛とまではいきませんが、良かったことは確かです。
大画面で見て、飛行機の操縦の効果音が、人間が発した声や音で構成されていると思いながら
見ていただくと、見え方も違うかも?

大好きな俳優さんである、國村さんも声優でした。そんな意味でも素敵な映画です。
宜しかったらどうぞ♪d3えはまた。
[PR]
Commented by 240_8 at 2013-07-27 11:19
こんにちは。映画はあまり関心がないのですが、CMでやたらと流れてくる「ひこうき雲」と宮崎ワールドの絵がぴったりあってますよね。あれは確かに「この映画のための曲」と思ってしまいます。
ユーミンって決して歌がうまいと思いませんが、「ひこうき雲」なんかは彼女にしか出せない味わいがありますね。やっぱりすばらしいライターであり、シンガーでもありますね(映画と関係ないコメントすみません)。
Commented by jyubon at 2013-07-28 09:16
>240_8さん
コメントありがとうございます。
CMや予告で「ひこうき雲」が流れるので、
劇中にも流れるものだと思っていたら、エンドロールだけ。
でも、その存在感たるや。
宮崎映画では「魔女の宅急便」以来の起用ですけど、
見事にマッチしておりました。
よろしかったら、TVでやる頃、一度ご覧下さいませ。
by jyubon | 2013-07-25 21:02 | えいが | Comments(2)