佐野元春『Film No Damage』

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
今日は休み。イオンお客様感謝デーに行ってきました。
更に、偶然に来月身内だけで行う結婚式を控えた友達に、偶然駐車場で遭遇。
奇跡的にランチを一緒する事が出来ました!スゴイ偶然!

さて今日は、今日まで公開されていた、佐野元春さんの1983年のライブ映像を
映画館で見てまいりました。

佐野元春『Film No Damage』紹介ページ←クリック♪


(本編より抜粋)
つまらないオトナにはなりたくない 
佐野元春27歳、80年代初期の若き情熱を映した奇跡のドキュメンタリー、
オリジナル1983年公開のフィルムを完全デジタル・リマスタリング!
5.1chサラウンドで当時の感動と興奮を再現します。


知らない曲が大半を占めていましたが、熱狂的なファンと、佐野さん自身の熱と、感性が
画面を通して伝わって来ました。

昔のライブツアーって、かなりの本数行かれたんですね。
驚きました。今は少ないんだなぁと、時代の流れを感じました。

ライブ映像を映画館で見えることが、最近増えて来ました。
ライブビューイングだったり、生中継だったり。

10/26~1987年8/22.23に熊本で行われた12時間の野外ライブの映像をまとめたものが、
全国で公開されます。
ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987←クリック♪

当時12歳だった私は、そんな野外フェス自体知りませんでしたし、
そんな野外フェスが存在したことも、全く知りませんでした。
こんなメンバー、二度と共演は不可能。しかもDVDやテレビ放映は一切しないと断言。
2000円払っても見に行く価値、ありますよね?
私は、前売り券を買っておきました。
是非私より年上世代で、興味のある方は、上映劇場をチェックして足を運んでみて下さい。
絶対に観ます!

やはり、昔の映像でも、良いものは良い。
大河ドラマ「八重の桜」でも、「ならぬことはならぬ」の反対の解釈で「良いものは良い」と
八重が言っておりましたが、本当にそう思う、今日このごろです。
宜しかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2013-09-20 23:13 | えいが