映画『相棒-劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』

みなさん、ご無沙汰しております。世の中ゴールデンウイークですね。
私は土日以外はお仕事のじゅぼんです。

すっかりブログを放置状態…。元気に生きておりました。
さて今週、映画を見てきたのでご紹介します。

『相棒-劇場版III- 巨大密室!特命係 絶海の孤島へ』HP←クリック??

杉下右京さんの相棒も3人目。成宮寛貴クンとのやり取りが面白い映画です。
今回は、「テルマエ・ロマエⅡ」や「アナ雪」に苦戦を強いられているようですが、
安定した内容でした。

前作が、官房長が暗殺される内容で、切なくて張りつめた緊張感あふれる内容だったので、
今回は何に対して緊張感があるのかと思ったら、ウイルスが鍵でした。

ただ、民兵のリーダーを演じられた伊原剛志さんが、どうしても朝の連ドラ「花子とアン」の
花子のお父ちゃんのイメージから、私の脳裏から離れなくて、「グッドイブニング、はな」と
満面の笑みで微笑む父ちゃんでしかなく、映画に集中し切れませんでした。反省。

でも、新たな黒幕というか、腹黒い面子が登場して、今後の繋がりも楽しみでなりません。
ますます相棒から目が離せない。

右京さんは相変わらず冴えてるし、かいとクンは彼女想いだし、
それぞれの個性もちゃんと出てて良かったと思います。

ただ、前回のような切なさや張りつめた緊張感は味わいきれませんので、
そこは期待しない方が良いかもしれません。

私もまだ見れてませんが、世の中「??ありの~ままの~」が完売しておりますが、
その間をかいくぐって、ゴールデンウイークに見に行ってはいかがですか?
宜しかったらどうぞ??ではまた。
[PR]
by jyubon | 2014-05-03 19:20 | えいが