花子とアンへの道: 本が好き、仕事が好き、ひとが好き

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。

今回の朝の連続テレビ小説「花子とアン」ご覧になっていますか?
「赤毛のアン」を翻訳した村岡花子さんの自伝的小説が原作であります。
時代は「ごちそうさん」と同じ、明治~大正~昭和です。
愛知県犬山市にある「明治村」で撮影が行われているようで一人懐かしんでおります。

さて今日は、「花子」こと、村岡花子さんの姿に迫るビジュアル本をご紹介します。

花子とアンへの道: 本が好き、仕事が好き、ひとが好き

新潮社



自伝的小説とは違い、彼女の時代背景、関係者からの証言、写真などが
1冊にまとめられております。

ドラマと合わせて楽しめる内容になっております。
ドラマでも所々昭和になって過去に遡る形式を取っているので、
そんな意味でも、この本は私の良きサポーター的存在であります。

ちなみに職場に置いておいて、本好きの利用者様にもおすすめしております。
本物の花子さんを知る良い機会です。宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2014-05-06 00:00 | ほん | Comments(0)