「ほっ」と。キャンペーン

映画『龍三と七人の子分たち』

みなさん、こんばんは。更新が滞りました、じゅぼんです。
映画や本のご紹介のネタはあるのですが、更新がSTOPしてました。すみません。
今日は今月中旬に観た映画をご紹介します♪

映画『龍三と七人の子分たち』HP←クリック♪

この映画は、2015.4.25~全国公開されている、北野武監督最新作です。

私は元々、北野映画には一切興味がなく、いくら北野映画に出演した俳優陣が
「声をかけられて良かった」「北野映画に出演出来て嬉しかった」等と言っていても、
見る気持ちになれませんでした。

ただ今回は何故見る気になったのか。
現在、毎週木曜日にNHKにやってる時代劇に答えがあります。
晩年の前田慶次を描いた物語で、主人公は「藤竜也さん」。
実に渋い。妙な色気に、可愛らしさ。円熟された男性像で、うっとりして毎週木曜夜を待つ。
そんな私が、この映画を見ない訳がない。

元ヤクザの組長が、元組員達と詐欺集団をやっつけようとする話。

バカバカしく、思わず映画鑑賞中に私だけでなく、他のお客様も声を出して笑えってました。
何も考えず、ただ見るのにもってこいの映画。
でも定価で見るのはやや勿体ないと思う映画。
TVやDVDで見るって言うのでも良いと思います。

非現実世界がそこにはあります。
死体を車椅子に座らせる事なんて現実では不可能だし、死体でも仲間を必死に守る姿も
滑稽だけど胸を打たれる部分もありました。
後ろ向きな事を言うと、監督出演シーンが多くてくどい感じがしました。

映画館でまだまだ公開中です。宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2015-05-30 22:22 | えいが