WANDS   SINGLES COLLECTION+6

みなさん、こんにちは。昨日もこたつでグ~グ~寝てました、じゅぼんです。
只今旦那様がコタツで熟睡中です。
部屋の温度は10℃くらいですが、灯油代が高いのでストーブつけてません。

さて、今日は懐かしいアルバムを紹介します。
彼らは90年代の代名詞的な存在だったと私は思います。
シャイな上杉さん。Mステでタモさんとお話する時によく照れていた気がします。
では早速懐かしいナンバーを紹介していこうと思います。

WANDS   SINGLES COLLECTION+6
01.天使になんてなれなかった
02.時の扉
03.もっと強く抱きしめたなら
04.恋せよ乙女-Remix-
05.世界中の誰よりきっと-Album Version-
06.Just a Lonely Boy
07.ありふれた言葉で
08.白く染まれ
09.ふりむいて抱きしめて
10.寂しさは秋の色
11.星のない空の下で
12.Jumpin' Jack Boy
13.愛を語るより口づけをかわそう
14.世界が終わるまでは…

彼らは「もっと強く抱きしめたなら」でじわじわチャートを上げていき、
「時の扉」で一気にトップアーティストの仲間入りをしたように思います。
私は「Jumpin' Jack Boy」がシングルの中では一番好きです。
そして「星のない空の下で」も名曲だと思います。
皆さんも少し懐かしんではいかがでしょうか?感想お待ち申し上げております。
[PR]
by jyubon | 2006-02-18 15:23 | おんがく