江国香織さんの本。

最近読書に励んでおります。
夜勤の時間がある時や、休みの日にリビングで読んだり…。
そして、江国香織さんの本ばかりを読んでます。
独身時代から好きだったのですが、嫁入り前に全部売ってしまって、
最近読書してなくて、BOOK OFFで100円で何冊か買いました。
早速紹介します。

すみれの花の砂糖づけ
江國 香織

これは詩集です。結構考えさせられるのもあります。
読みやすいかと思います。



ホテルカクタス
江國 香織

これは人間ではない「きゅうり」「数字の2」「帽子」の3人(?)が主役です。結構面白くてあっと言う間に読んでしまいました。



泳ぐのに、安全でも適切でもありません
江國 香織

現在愛読中。短編が何作も入ってて読み込んでしまえば読みきってしまいそうです。まだ1篇しか読んでないので感想はパスします。




薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木
江國 香織

まだ手をつけてません。結構分厚いので読み応えがありそうです。




読み出すと面白い読書。でも自分が好きな作家さんしか読みませんけど…。
今度は「冷静と情熱のあいだ」を辻さんバージョンと両方読もうかと企んでおります。
それからDVD(ビデオ)見ようかなぁと思ってたり。

皆さんは好きな作家さんいらっしゃいますか?
またオススメがあったら教えて下さい。読書歴が浅いので…。
[PR]
by jyubon | 2006-02-20 03:14 | ほん