人の命

おばんです。日付が変わってしまいました。
昨日は日勤リーダーで、3/5の夜は夜勤のじゅぼんです。

今日は結構スムーズに仕事がはかどっていました。
申し送りを今日の夜勤者に言って、一段落した時に急変です。

先日「老衰による脱水」と診断され、
積極的治療をしないと医師に言われた96歳のおばあちゃんです。
さっきまで「痛い」とかかろうじて声が出てました。
夕飯の前にベットを起こそうと介護の方が行った所、呼吸がおかしいと。
確かに「プープープー」という異常な呼吸をしてます。意識もありません。
だからと言って今すぐ呼吸が止まったり、心臓が止まる感じでもありません。
一番微妙な時です。自宅からなら救急車で運べば受け入れてくれる範囲。
でも施設から行くと返されるかどうか微妙な所。
結局今夜は今以上に全身状態が落ちなければ救急車で運ばない事となりました。

家族は何が何でも彼女に生きて欲しいと願ってます。
でも今の状態でも延命を願う家族を見て、こんな事を思います。
「自宅で最期は看取ってくれませんか?」
でも家族は責任が持てませんし、怖い感情も相成って自宅で看る事を拒否します。
彼女は2年前まで歩いて、自宅で普通に生活をしていた方です。
最低でも70年以上は住んでる自宅です。
好きなモノを食べさせて、大好きな家族と自宅で最期を終われた方が幸せだと私は思います。正解がない世界。家族の気持ちもわかなくないですが、今は意識が遠のいた彼女の気持ちを優先させて欲しいと思います。

人の命っていつ尽きるかわからない。
皆さんは自分の最期どんな風がいいですか?
私は旦那様が生きてれば、旦那様に看取って欲しいです。
場所はどうであれ、最期には旦那様に傍に居て欲しいと思います。
子供がいれば違う気持ちだと思いますが、現時点ではそう思います。
[PR]
by jyubon | 2006-03-05 00:16 | おしごと