弟の誕生日

ご無沙汰しております。じゅぼんです。元気に生きております。

さて昨日3/13は実弟の28歳の誕生日でした。
彼は長男ですが、家を買い(ローン地獄でしょうけど)実家と離れて住んでます。
とは言っても車で10~15分の距離なので何かの時には駆けつけれる存在です。

そんな彼の事を私は「クンづけ」で呼びます。いや、呼べないんです。
昔からそう呼んでいたので余計に呼び捨てでは呼べません。
だから怒って呼ぶ時だって「○○クン」等と少し締まりがありません(笑)

そんな2人兄弟の私達ですが、素直とは無縁な関係です。
いつもお互い憎まれ口しかたたきません。
でもそれで上手くコミュニケーションを図っているのです。
でも昨日はさすがに誕生日なので素直に「おめでとうメール」しましたけど。

その弟の奥様は彼の1つ上。つまり私の1つ下です。いいところのお嬢様です。
そんな弟夫婦、まだまだ実家の両親のことが理解出来ていませんでした。
父が「うつ病」と診断され夏で3年目を迎えます。
そんな父に対して決して怒らない母。もちろん病状や症状を改善する目的です。
毎日24時間365日休みなく、そんな生活を母はしています。
さすがに昨年から彼女も「うつ病」の症状が出てきてしまいました。
でもサプリメントのいいものを見つけ、それを送って飲んでもらってます。
おかげで今は普通です。でも飲まなければ駄目なんですけどね。
そんな状況とは彼ら夫婦は思っていませんでした。
それは母が今まで通りの対応を彼らにしてしまった結果です。
そしてお互い歩み寄らなかった結果なのです。

そんな事を年末に母に言いました。
私は年末関係なく仕事をしていた頃なのに、毎日電話の嵐。
なので心を鬼にして
「私はお母さんの話は嫌じゃない。でもね、何かあってもすぐに駆けつけれない。駆けつけれる人間は全く現状を理解してない。それでは駆けつけても支えにならないでしょ?もっと弟夫婦に現状を把握してもらうために話さなあかんよ」ときつく注意しました。
そして彼女は私に似て極端なのでそれ以降今にかけて数回しか電話きません。
でもやはり、弟夫婦に少しずつは現状がわかってもらえれるようです。

ただ昨日のメールで、「母にウインドブレーカーとジャージ上下を送った」とあり(?)
って思っていました。母の誕生日も結婚記念日も9月。
そうしたらなんと9月にねだっていた品を今頃送ったらしいのです。
そのいきさつをしらない私は「弟えらく成長したなぁ」と思ってました。
まんまと彼の話術に、はまってしまいました。
弟よ、ちゃんとやるべき事はせぇ!!!
今度こんな事がわかったら、抗議の電話延々としたるでな!!!覚えとけ!
本人に直接言うとへこむので、ここで言ってみました。ちゃんちゃん。
[PR]
by jyubon | 2006-03-14 18:44 | ひとりごと