待ってたよ。

おばんです。両足つってどうしようかパニックになったじゅぼんです。
今日の夕方~夜勤です。何となく治クン更新来そうな予感…。

さて、先日の金曜日夜勤明け~今日の日勤まで私は職場には不在でした。休みでしたから。
そんな中、確実に私を待っててくれてる入所者がいます。

一人は以前話したHさん。「じゅぼんしゃん」と呼ぶ可愛いおばあちゃん。
昨日は廊下の遥かかなたから手を振ってくれました。いきなりめんこいです。

二人目は以前お話した巨乳おばあちゃんTさんです。
彼女は私を「先生」と呼びます。私が夜勤でオムツ交換に行くと大変喜んでくれます。
ちなみに彼女の夜間の義歯(入れ歯)がないシワシワの顔が大好きでして、私。
あの顔を見に行くだけでテンションが上がります。今日夜勤だと伝えてきました。

三人目はTさんというしっかりしたおばあさんです。
彼女は死んだ母方の祖母と同じ「パーキンソン病」です。手が震え、ヨダレが垂れ…。
歩き方はすり足歩行。更に状態が波打っていて徐々に全身の機能が落ちていきます。
そんな彼女、とても品が良く他の入所者の面倒を見てくれます。
しかし先日から左足首が痛んできて、多分甲状腺機能亢進症から来るものでは?
と睨んで毎日観察、冷湿布に弾力包帯で足首を固定するようにしたら楽だそうです。
その彼女も昨日私に「看護婦さんの事、待ってたよ」と言われて嬉しかったです。

私は決していいナースではありません。でも少しでも気に入られると嬉しいです。
そして他の入所者にも同様に接する事が出来るように頑張ろうと思います。
[PR]
by jyubon | 2006-06-13 12:15 | おしごと