温度差

おばんです。今日は日勤リーダーでした。夜勤明け2連休だったので約3日分の出来事がわかりません。
でも「何にもないべ」等と思っていたのが大きな間違い。朝から課長がイライラしてます。

昨日以前入所してて具合が悪くなって入院してきた人が再入所されました。
しかし点滴をしていないと血圧も上がりません。意識も怪しいです。
私がステーションに来た8:40の時点でイッてました、意識が…。
何とか持ちこたえて、申し送りした後に点滴施行、酸素開始、フォーレ(おしっこの管)挿入。
そして少し元気が出ましたが、はっきり言って施設レベルではないので、再度病院へ入院となりました。

ここで問題として持ち上がったのが「施設と病院の温度差」です。
施設側としては病院にここまでして欲しいと求めます。
病院は病院側でこの辺りからは見ていて欲しいと意見があります。

そこの間に大きな差があります。

病院で働いて病院の感覚で思えば、病院側の意見もわかります。
でも施設は所詮施設。点滴も酸素も全て100%施設側負担。
(病院受診した際は施設側9割、入所者1割負担ですが…)
施設としてみれば、もう少し元気にしてもらってから戻って来て欲しいのです。
大変難しいです。

でも今回の場合。確実に病院側の対応の悪さが表立ってました。
元気にご飯を食べれる人が、たった一晩であんなに具合が悪くなるでしょうか?
もう少し本人の体調管理を施して欲しかったように思います。
今度戻ってくる時にはそうして下さい。ってここで訴えても仕方がないですね。

これからの時代。こんな感じで老人保健施設も病院化の道を歩みそうです。
療養型病院(老人病院)の枠を廃止する方向で国が決めているからです。
施設でもない、病院の急性期でもない。でも医療に頼った方が確実に良い人がどんどん溢れます。
ましてやどんどん高齢者が増えていきます。この先の老健はどうなるのはわかりませんが、
私なりに私が出来る事は今度も一生懸命こなしていこうと思いました。
[PR]
by jyubon | 2006-07-25 21:36 | おしごと