おとうとのはなし。

みなさん、おはようございます。先程まで寝てました、じゅぼんです。
そして旦那さんが口を利いてくれません。昨日の隣の親子並です。私が何かしたか?言ったか?

今日は愚痴であるけど現実なお話をします。
私は弟と2人兄弟です。彼は早生まれなので3月に29歳になります。彼の奥さんは30歳です。
彼らが結婚して早2年です。彼は長男にも関わらず家を別の土地に建ててしまいました。
更に奥さんはお寺さんの娘さん。殆ど実家のお寺のお手伝いの毎日です。
一応お給料は貰っているらしいのですが…。
しかしそんな彼ら、母は「20歳くらいの子供だと思わないとやっていけない」と昔から言います。
私は聞き流していた程度でした。解ってるけど親身に解っていませんでした。

d0004716_9165542.jpg




先々週のお話です。弟から「帰省の時に泊まりにこないか?」と電話がありました。
仕方がなく「いいよ」と返事をしました。あの家にお邪魔した事ありますけど、全然くつろげないんです。
私、元々誰の家でもくつろげる図々しい人間なのですが、彼らの家では全くくつろげません。
なので本音は泊まりたくないのです。昨日も念を押されて…。帰省までに泊まれない用事を作らなきゃ。

そして最後の方に、父の昔育った家に行く話になり、彼はこんな事を言いました。
「おれらだって、裕福やないんや。だからガス(ガソリン代)やっているやろ?」と。
はぁぁ?私は君より給料が少ないんです。君よりボーナスだって少ないんです。
奥さんのように貯蓄能力はないんです。君の家、繰上げ返済のために預金してるでしょ?
更に、彼らは卓球を通じて知り合いました。今でも続けてます。
そして自分達で立ち上げた卓球の団体もあり、3つかけもちで現在加入。
その遠征費等は私で言う「カラオケ+映画+オフ代」に値すると思います。
でも彼らはそれを削ろうとしません。それを節約して親に少し何かしてあげようと思っていません。

私の怒りが頂点に達したので怒りました。
でも本当は感情的に話たかったけど、彼は元々人の話を聞かないので丁寧に言葉を選んで話しました。
旦那さん曰く、「怒り方が先生口調」なんだそうです。無意識なので知りませんでしたが。
でも本当は今回の帰省の時に説教しようと思った半分以上言ってしまったのですよ(涙)
彼らに少しは響いたのだと思いたい。彼には言葉は皆無でしたからね。

そして昨日の念押しの電話です。はぁ、どうしたら彼の家に泊まらなくても済むかなぁ…。
[PR]
by jyubon | 2006-08-16 09:16 | ひとりごと