右のお尻…

こんにちは。夜勤明けのじゅぼんです。

さて、みなさんに大変ご心配をおかけしました「右臀部打撲(右お尻打撲)」は治癒傾向に向かっております。夜勤始まったばかりの時はお尻をさすりながら仕事してましたが、徐々に痛みにも慣れ、いつもよりは遅いペースではありますが仕事をこなし朝を向かえました。申し送りの頃には痛みを忘れる程良くなってました。動かすといいみたいです。本当にみなさん有難うございました。右のお尻はもうすぐ良くなりまぁす☆

夜勤。相性というものがあります。何の相性か?入所者との相性です。
面白いもので結構あるのです。私は以前入所されていた「Nさん」「Kさん」と相性が悪く、私の夜勤の時に必ず寝ませんでした。A君は誰と、Bさんは誰と、等と相性があり今回の夜勤も心配でしたがみんな無事良眠されました。みんな有難う!今夜も良く寝ましょうね。

夜勤明け。もう少しで帰れる時に介護職員「Tちゃん」が過呼吸に。
心因的なものでしたが黒目も上に向き「はぁはぁはぁはぁはぁあぁ」と呼吸も浅く危なかったのでDr診察して心療内科に診察する事となりました。でもそこまでに決まる間に彼女は呼吸が中々落ち着かず「大丈夫、深呼吸してごらん。ゆっくりだよ、そうそう、上手だねぇ、その調子」等とずっと言い続け周りの介護職員は号泣しながら手を握っていました。車の手配も済み病院に行く頃には会話がかろうじて出来るまでになりましたが、ビックリしました。みんな泣いていて泣いてないのが私だけ。自分が冷たい気がしましたが、一人くらいしっかりしないと駄目なので感情は抜きにして励まし続けみんなの気持ちが彼女に届き受診に行きました。只今点滴中。今は落ち着いているとの事。一安心です。「Tちゃん」元気になるまでゆっくり休むといいよ。慌てる事はない。ゆっくり休んで。今の私からはこれくらいしか言えませんが、自分を大切に可愛がってあげて下さい。

そんな感じで慌しい夜勤明けとなり、時間外手当ももらえてラッキー?でした。
みんな夜勤明けの人は妙なハイテンションで帰っていきました。

追記です
「Tちゃん」点滴を終え無事に笑顔で帰ってきました。責任感の強い彼女は仕事をしていこういとしましたが帰宅したそうです(させられた?)明日の夜勤は交代して有給で3日間くらい休めるようです。ひとまず一安心です。あとは彼女の心の状態の平穏を願うばかりです。
[PR]
by jyubon | 2005-05-02 13:10 | おしごと