スパルタおばちゃん。

おばんです。今日は夜勤明けでした、じゅぼんです。
昨日子供を産んだ従姉妹のお祝いを考える暇なく車内で仮眠しお祝いを30分近く悩みました。
結局無難に「おしり拭き」にしましたよ。「助かるぅ~」と言われて一安心。

従姉妹は私達と同じ年に結婚しました。昨日2児のママになりました。。彼女はまだ29歳です。
彼女は本当に可愛くて達筆で家事も完璧で素晴らしい娘さんです。
その彼女の長女の著しい成長にじゅぼんおばちゃんは感動しまくりでした。
ペラペラちゃんとした日本語をお話してらっしゃる。感動。「○○さん」と私が呼ぶと笑ってました。

もう一方、旦那さんの従兄弟の子供がもう1人居ました。女の子です。大きい女の子です。
一人っ子のせいか、かなりワガママで聞き分けが悪いのです。
更に風呂上りで行った私に向かって「くさいおばちゃん」とぬかしてきやがったので…
思わず私がイジワルしてこう言いました。
「おばちゃんの家においで♪おばちゃんビシバシ鍛えてやるから。スパルタだよ」と。(笑顔で)
そしたらそれまで暴れていた娘は固まってました(笑)脅しすぎましたかね?
でもね、これくらいでないとあの娘は聞きません。
パパにしょっちゅう叩かれてるのも実は堪えているらしく、私の家に余計に来たがりませんでした。
怖いおばちゃんがいることを覚えててもらえれば嬉しいです。一人くらい怖い人がいないとね?

あと私は子供にでも敬語のような丁寧な言葉で対応するのが好きで好んでやってます。
そしたら暴れん坊の娘に笑われてました。彼女が調子こいてふざけてたので怒りました。
少しは堪えてくれたかな?何となくですが…いつか彼女にとんでもない雷を落としそうです。
そうならないように私ももう少し大人になろうと思います。
[PR]
by jyubon | 2006-10-22 18:35 | ひとりごと