最後の雨

おばんです。ダウン宣言したじゅぼんです。でも夕方に復活しました。夜勉強会にも行って来ましたよ。
皆様に大変ご心配おかけしました。一日寝てたので元気になりました。食欲も徐々に戻りました。

さて、日曜日の夜「ウタワラ」を見てました。ゴスペラーズが出てたので。
そしたらさりげなく大木P(びびる大木)のコーナー(名曲を集めてアルバムを作るって感じのコーナー)
で懐かしい人が…。その人は中西保志さんです。大木Pの訳解らん会話にもついてきてくれて…。
そしてこの曲を歌って下さいました。

最後の雨
中西保志







この曲は1992.8.10に発売されてます。私は高校2年生の夏休み中でした。
当時好きだった人がいて、その後に彼と付き合うのですが、彼が好きなアーティストでもありました。
この「最後の雨」の歌詞が大好きでした。

本気で忘れるくらいなら 泣けるほど愛したりしない
誰かにとられるくらいなら 傘を捨てて 君を壊したい

この頃はまだまだ子供で「愛してる」と言う言葉に憧れてて、大人の恋に夢見てた頃です。
なのでこの歌詞の意味を理解して解釈するのにはそれから随分経ってからだと思いますけどね。

久々に中西さんが見れて、この曲をTVで見れて幸せなひとときでした。
明日は日勤リーダー。さぁ風邪を吹き飛ばして頑張りますか。
本当にご心配をおかけしましたが、6割復活しましたのでブログも復活したいと思います。
[PR]
by jyubon | 2006-11-29 21:34 | おんがく