壬生義士伝

みなさん、こんにちは。箱根駅伝終わってしまいましたね。
旦那さんの母校の東海大学は最終的に3位になってしまいました。
でも地元福島県の「山の神様」と呼ばれてた今井クンの順天堂大学が優勝して地元的には嬉しいのかな?

さてそんな中、昨夜真夜中はどのテレビ局も映画を流していました。
その中で特に興味を引かれて途中からですが、見た映画があります。
そsれが『壬生義士伝』です。

中井貴一さんが主人公なのですが、奥州の南部地方の武士で、訛りが本当に上手。
切ない心模様とか、素直じゃない新撰組の斉藤一さんの気持ちとか、あの時代が苦手な私も
かなり楽しんで最後まで見させていただきました。

佐藤浩市さんが斉藤一役なのですが、彼がジジ様になってから回想していく中での話で、
過去の話にタイムスリップしていくのですが、話の展開が速くて、混乱もせずに見やすかったです。
男同士の不器用な素直な気持ちを表に出せない現状とか、でも本当はもの凄く思いやってるとか、
奥さんも旦那さんのために必死で尽くしてたりとか、もの凄く心打たれる話でした。

最後の方では私号泣してティッシュが離せずに、結局寝たのが朝の4時。起きたのが朝8:30。
箱根駅伝見ながらうたた寝して今に至ります。そろそろ準備しなければいけません。
何気に今夜は夜勤です。皆さんが働き始める頃の金・土がお休みです。さぁ頑張りましょうか。
やはりこの時期「モチ」を詰まらせて窒息して亡くなったり、重体の方が続出のようです。
若いからと言って安心しないように、お互い気をつけて食べましょうね。ではまた明日。
[PR]
by jyubon | 2007-01-03 14:42 | えいが