近藤典子の片づけが生んだ奇跡

みなさん、おばんです。今日は日勤リーダーでした。
でも帰って来る時間は既に遅番並みでした。まぁ故意的にそうしたんですけどね。

さて今日は以前から読みたくていた本を勇気を持って買ったのでご紹介します。

近藤典子の片づけが生んだ奇跡
近藤 典子





この本は現在アメニティアドバイザーとして大活躍中の近藤典子さんの本です。
今年出したばかりです。過去2000軒のお家を拝見して感じた事を書かれています。

私が彼女を知ったのは10年以上前。更に姿をTVで見たのは7年位前。
TVで喋ってる彼女を見たときには感動しました。
結婚前には彼女の収納の本を買い占めました。自分に出来ると信じて。

しかし現実は甘くありません。
「やらなければいけない」「なんとかしなきゃ」と思いながら嫁いで満5年になろうとしてます。

でもこんな私のような人に彼女はこういいます。
『片付けなくていいのよ』と。
むやみやたらに片付けても意味がない。彼女はこう提唱します。
「何故散らかすのか。
何故今のような状態に陥ったのか。
この原因を探る事から奇跡の始まり。」
と。

彼女の本を読んで、思い当たる部分が出てきました。
そして同じ看護師の方のお話も出てきます。彼女のような状態に陥ってた私。
独身時代は彼女並だったと思います。そう思うと、何か考え込む部分が出てきます。

昨日1260円のこの本と3150円のバービーのCDから1100円値引きだったので、
本だけ値引きしたように考えれば160円で↑の本を買いました。
そして一気にバービーを流しながら読破しました。そう、一気に。

そこで気づいた事があります。
今まで何も考えずにただ漠然と「片付けられない私」と「片付けなきゃいけない葛藤」と
戦い続けてきました。片付ければ誰にも文句も言われない。でも出来ない。
でもそうじゃないんです。そうしなかったんです。そんな風に気づけなかったんです。
仕事しながらその答えがみつかりました。

「無駄な動線を使わずに、使いやすいように、動きやすいように、働きやすいようにする」

この言葉は私の仕事のモットーです。更にスピードが上乗せされますが…。
仕事では出来てて、家で出来てない理由が↑なんです。
↑は仕事のモットー。家では正反対で生活しておりました。だから片付かないんです。
目からウロコでした。そんな身近に、仕事で思って、相手に求めてしまっていたことが、
普段の生活の私に完全に不足している所だと、気づかされました。

だからと言って部屋がキレイではありません。
出来る事から少しずつやっていこうと思います。いつでも誰でも呼べる家へ。
誰もが「お茶飲みに来た」と言える環境に出来たらいいなぁと思います。
皆さん、是非本屋に言ったらチラ見してみて下さいな。いいですよ。

明日の夜勤。軽くハーレム状態なので余計に頑張ります(笑)
[PR]
by jyubon | 2007-06-29 22:40 | ほん