「ほっ」と。キャンペーン

サプライズ?

みなさん、おばんです。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
懸賞葉書を書いて、投函してから、家で爆睡してました。夜までずっと。
結局21時に目が覚めて、近くのラーメン屋さんに夕飯を食べに行きました。

帰り道の事です。いつものように裏道で帰りました。
細い道なのですが、信号ナシでスムーズに帰られる道なんです。

その時旦那さんがこう言いました。「裸の人がいるよ」と。
私は助手席にいました。まさに助手席の間近に全裸の人が垣根にたたずんでいました。
私たちは家に戻ろうと思いましたが、何だか怖くて、もう一度Uターンして見に行きました。

するとどうでしょう。ハイビームのライトにも動じない、
全裸の男(だと思う)が歩いているではありませんか!!!
あのお尻は絶対に男です。骨格は細くて、身長は170cmないくらいです。
頭は原始人かと思う程ボサボサで思い切り全裸で歩いていました。

私達は怖くなって、警察に行きました。
事情を話すとポリスマンは「そいつは犯罪だからな」と言いました。
私達はただ怖くて、自分の家の周りにそんな人がいる事に恐怖を感じてただけでしたが、
言われると確かに犯罪ですね。すぐにパトカーが出動してくれました。

その間メモ用紙に住所等を書いてきました。
思わず懸賞のノリで郵便番号から書いたら「手紙は出さないよ」とポリスマン。
更にいつものクセで自分の名前を先に書いてしまいました(笑)
「世帯主みたいな名前だな」とポリスマン。
更に生年月日を聞かれて、「明日私誕生日なんですよ」と言ったら笑ってポリスマンは
「誕生日プレゼントだったのか?」と冗談を言ってくれました。

しかし残念な事にその変な全裸マンは捕まることなく終わってしまいました。
また目撃したら教えて欲しいと言われました。
今度目撃したら警察に電話して見張っていようと思います。

しばらく夜の一人歩きは辞めようと思います。
近所で「ウルルン」を見ているようでした。あの人だけ別世界に住んでいました。

誕生日前夜に奇妙な体験を致しました。
皆様の住む街では何事もない事を願います。明日は有給。ヒトカラに行ってきます。
[PR]
by jyubon | 2007-08-21 22:53 | ひとりごと