けっこんしき。

みなさん、こんにちは。今日は暖かい日でしたね。今日まで休みのじゅぼんです。
昨日は旦那さんの弟の結婚式でした。

会場まで親戚一同(とは言っても計12人)でバスで行きました。
そしたら観光会社の都合でデラックスバスで、後部座席にはテーブルもついていました。
叔父さん達は仙台までの1時間強の道のりをずっとビールを飲み続け過ごしていました。
私は帰り運転手なので、飲みませんでしたがね(笑)

式場について、他の親戚とも合流して、甥っ子やいとこの子供の相手をしながら過ごしました。
いざ挙式となると、私たちの親戚は賑やかで神聖なる場所で弟の名前を呼び、
「カッコイイ」等とはやし立てました。でも本当にかっこよかったんです。
そしてお嫁さんもかわいいドレスで登場。巨乳みたいで谷間が眩しかったです。

そして滞りなく式が終わり、次は披露宴です。
新郎新婦を合わせても40人の小規模でオットホームな披露宴でした。
料理は全てフランス料理のフルコース。本当に美味しかったです。

途中旦那さんのいとこ(旦那さんと同級生の男子)が新郎に向けてメッセージを言うのに、
号泣して、私の旦那さんはそれにウケて笑い泣きをしていました。
実の兄は笑って泣いて、いとこが号泣ってウケますよね?
そしたらいとこの号泣の理由は、自分の娘が結婚する事を想定して号泣したらしく…。
まだ6歳の娘をつかまえて、気の早い話です。

そして最後に新郎の父の挨拶。舅はなまりながらもかっこよく決めておりました。
その後の新郎の挨拶。これにみんな泣かされました。
「漁師の父は毎日命をかけて仕事をしています。そしてその父を母は支えて…」
等と彼が言うもんだから、彼は自分の両親のような夫婦になりたいんだそうです。
偉いなぁ。

よく考えると、お嫁さんって一歩引いて彼を立てているんですよね。
弟は26歳。お嫁さんは31歳。なのに彼女は常に控えめなんですね。
それは尊敬しました。私には出来ない事です。私は人一倍態度がデカイですからね(笑)

今回の式は本当にいい式でした。
そして妹が1人増えたので、これからも「面白いお姉さん」でいようと思います。
でも自分が面白いって全く自覚してないんですけどね(笑)
年が近い分遊ぶ機会も増えそうで、楽しみが増えました。

そして今日で3連休も終わり、明日から仕事三昧の毎日が始まります。
頑張ってやっていこうと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2007-11-25 17:06 | ひとりごと