少林少女

みなさん、こんばんは。今日は夜勤のじゅぼんです。
東京から帰って来た旦那さんは、お疲れのようで22時には眠りにつかれました。
私はまだ目が冴えているので、昨日UPしたBOФWYのDVDでも見て寝ようと思います。

さて今日は、昨日職場の人と見に行った映画を紹介したいと思います。

映画「少林少女」HP←クリック♪

この映画は2008.4.27~公開されている映画です。
柴咲コウ主演の映画で「少林拳」を中心としつつ、「ラクロス」も含まれたお話です。

コウちゃんは本当に美しいです。美しい女性は同性から見ても本当に美しくて、憧れます。
彼女の型を見ていると、思わず「少林拳」を習いたくなりました。
と言ったら、職場の映画を見た男子達全員に「何で?」と突っ込まれました(笑)

ナイナイの岡村さんが出ているのですが、彼が出るだけで何故か笑えてしまうんです。
同じ言葉をただ連呼しているだけなのに、少林拳を織り交ぜて遊んでいるだけなのに、
なんだかんだ笑わせてもらいました。(結構声あげて笑ってしまいました。)

コウちゃんの先生でもある江口洋介さんは「仙人か?」と思わせるようなロン毛に長いヒゲ。
ヒゲ嫌いなので、どうしても受け付けませんでしたが、途中ヒゲは剃ってたので良かったです。
でもロン毛の江口さんより、救命病棟の江口さんの髪型の方が私は好きです。
そして田舎の中華料理屋の店長って設定も何だか良かったです。

そして悪役に徹している仲村トオルさん。
ドラマ「海猿」で見た肉体美でしたが、それ以上に鍛え上げたであろう体。
私の10歳年上…つまり42歳の体に見えませんでした。うっとりです。
まさに、「抱かれたい」と思ってしまいました。でも思うのは勝手ですから…。(←開き直り)
何だか真っ黒な心を表しているかのような真っ黒いシャツにスーツでした。

そして脇役、チョイ役も結構な面々が出ていてビックリしました。
監督は、「踊る大捜査線」の本広克行。
「踊る…」で出てくる「カエル急便」の看板が「少林少女」のどこかで出てきます。
細かい部分ですが、何だか嬉しかったです。



この映画は映画館で観た方がより楽しく見れるかと思います。
でも1800円で見るより、1000~1200円で見る映画だったかと思います。
まぁ、大体1000円の時しか行きませんけどね(笑)

そして最後の方、コウちゃんとトオルさんが和解する部分ですが、
「あれで終わりかよ」と思わせる所もありました。

更に一番気になって、「相変わらずフジテレビだなぁ」と思ったのが、
エンディングテーマですよ。ミヒマルの曲が中途半端な使われ方してて(怒)
フジテレビ系列が協賛してる映画のエンディング曲っていつも使い方が…ですよね。

でも一番の収穫は、一人では絶対に見ない映画だったので、映画館で観れて良かったです。
一緒に付き合ってくれた職場のコに感謝です。

ちなみに男のコだったのですが、お互い既婚者だったため、
職場の独身女子から「危険な香りがする」等と言われておりました。
残念ながら、彼女達が毎日見てる昼ドラ「スイート10」のようにはなりませんでした(笑)
映画を見てバイバイでしたから。そんな風になりませんしね。

確かに男女1:1でどこかに行くのはいけませんかねぇ。
私や昨日一緒に行ったコもアリなんですけどね。みなさん、どう思います?
と皆さんに聞いておきながら、結局また遊ぶんだと思います(笑)
では今回はこの辺で。
[PR]
by jyubon | 2008-05-07 00:07 | えいが