相棒-劇場版-絶体絶命! 42.195km 東京ビックシティマラソン

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
昨日夜勤明けで超アクティブに動いたので、今日は一日寝ておりました。
ちなみに昨日。2本映画を見終わったのが20:30でした。
その後、衝動に駆られて「漫画喫茶」に行ってきました。家に帰ったのが3時ごろです。

そんな事はさておき、昨日見た映画の1本目を紹介しますね。
相棒-劇場版-絶体絶命! 42.195km 東京ビックシティマラソン←をクリック♪

1本目は以前から見たかった「相棒」を見ました。
そこで睡魔に襲われて15分、不覚にも寝てしまいました(涙)

今回のテーマは「東京ビックシティマラソン」。そしてそこで大事件が絡んできます。
その事件を「特命係」の係長・警部の杉下右京さんと巡査部長の亀山薫さんが
自分の係の仕事ではないのですが、どんどん解いていきます。

物語のキーになってる事は「会員制のWebサイトの処刑リスト」です。
それがなぜ出来たのか。そしてその処刑のされ方もなぜそうなのか。
そして本当は誰がそのサイトを作ったのか。誰が犯人なのか?




まず、豪華なキャストだなぁと。
そして興行収入が記録を作ってるのもわかる気がしました。
この話は「踊る大走査線」のように人気ドラマから映画化になった作品です。
でも「踊る~」と違うのは、結構知的で謎解きが難しい所です。

人間ドラマでもある両者ですが、どちらかと言うと「踊る~」は青島クンを取り巻く環境、
そして管理官である室井さんとのつながりを基に描かれています。
その点「相棒」は、シリーズ化も長く、数回になっており、
さらに「特命係」という名の「肩たたき係」に配属された2人が、
本来事件を解決しなければいけない「捜査一課」の仕事を淡々とこなしていく話です。
その中に人間ドラマももちろんありますが、右京さんがする「謎解き」の痛快さがたまりません。

その「相棒」キャストの中で私が一番「こんな役やるんだ」と思ったのが「木村佳乃さん」
かなりのヒール役です。ずっと「嫌な女」を演じておりました。
あと「本仮屋ユイカちゃん」ですよ。
先日まで「薔薇のない花屋」で雫ちゃんのママ役だったので、
そのイメージを払拭するのに少々時間がかかりました。

そしてそんな中の感想です。
次回作も作ってほしいです。そして時間を見つけて「相棒シリーズ」全巻みたいです。
これは見てから行くとまた違うんでしょうね。
主人公の水谷豊さんはすでに6回映画館に見にいってるそうです。すごいですね(笑)
映画館で見た方が迫力がある映画のように思います。
「相棒」を知らない人でも楽しめると思います。

私が見た所では平均年齢50代くらいの奥様方が多かったです。
レディースデーってのもありますがね。平日安い日に行くとお得かも?
映画デートにも頭を使っていいかも?
「チェス」のルールがわかればもっと面白かったかも?

では次回は「隠し砦の三悪人」の感想をUPしますね。
[PR]
by jyubon | 2008-05-13 19:23 | えいが | Comments(0)