容疑者Xの献身

みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。
ケアマネの試験、無事終わりました。結果は×ですが、勉強してない割に頑張りました。

さて、今日は福島大学で試験で、そこから宮城県の名取まで大移動。
庭状態のエアリで映画をやっと見てきました。旦那さんを説得して見て来ました。それをご紹介。

容疑者Xの献身←クリック♪

この映画は、原作本「容疑者Xの献身」を元に構成された映画です。
映画館での予告編もTVの予告編も見て、やっと挑んだ映画。

旦那さんはいつもドラマの「ガリレオ」で大体謎を解いていたのですが、今回はお手上げだったそうです。
それよりも、殺された人の住所が旦那さんが以前住んでいた所の地名で夫婦で顔を見合わせました。
私たち夫婦にしたら、もの凄い衝撃がここで走ってしまいました(笑)



泣きました。堤真一さん、凄いですよ。あの演技力。やられました。
様々な愛の形がありますが、こんな形もあるのかと。

恋を、愛を知らなかった人間が、いざ恋に落ちると、今まで気にしなかった部分が気になる。
他人を羨ましく思う。それも素直に。
そして自分が、自分にしか出来ない愛の形を一つ一つ頭の中で考えて、作り上げていく。

最後の茶封筒の手紙、処分してと言ったあの茶封筒の手紙。直筆のあの手紙。
1度目の時は胸にグッと来ただけだったんです。2度目の時、堤真一の声で流れた時に号泣。
嗚咽した、あの泣き声で更に号泣しました。

福山雅治が主演のはずですが、私は堤真一に目も心も奪われていました。
不器用だけど純粋な愛。無骨だけど、深い愛。

KOH+の「最愛」は、この映画にピッタリの曲だったと思います。
堤真一が演じた石神の愛、福山雅治が演じた湯川の友情、そして情愛。
あの映画には、様々な愛や情が、色んな形で表現されていました。

映画館で見れる方は、是非見てきてください。私も機会があれば、もう一度行こうかと思います。
ではまた。
[PR]
Commented at 2008-10-20 00:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cyaz at 2008-10-20 08:12 x
じゅぼんさん、こんにちは^^
試験、お疲れ様でした~
この映画は原作が先立ったので、そういう意味では結論はわかった上で観ていたのですが、その状況をどう描くのかが焦点でした。堤さんはややカッコ良すぎるのでどうなのかと思っていましたが、やはり期待は裏切らなかったですね^^
家の近所も出ていたので結構ドキドキものでした(笑)
Commented by jyubon at 2008-10-20 11:03
>鍵コメさん
おぉ。そちらに伺いますね。私が興奮してます(笑)←何で?
Commented by jyubon at 2008-10-20 11:05
>cyazさん
TBありがとうございます。96件のTBって初めて見ましたよ(笑)
原作読むのは後でも良かったかな?と勝手に自己満足しています。
ご近所が撮影されていたなんて興奮ですよね?
私達夫婦はあの住所に大興奮です。
堤さんはかっこいいですよね。無精ひげ嫌いなんですが、堤さんならOKです。
また見に行こうかと思います。
by jyubon | 2008-10-19 22:58 | えいが | Comments(4)