理系の人々   よしたに

みなさん、こんばんは。今日は休みのじゅぼんです。
先日珍しく旦那さんが本に食いついてました。
その本を妻じゅぼんはプレゼントしました。その本をご紹介します。

理系の人々

よしたに / 中経出版



「ぼく、オタリーマン」を描いた「よしたに」さんの本です。
周りの「理系の人々」を観察し、4コママンガで「理系の人々」を描いておられます。

「紫陽花」のくだり。
旦那さんは、紫陽花の色を見て「酸性」か「アルカリ性」かを考えてしまう…
と言う所にひどく共感をしてました。確かによく言いますね。「ここら辺は酸性だなぁ」とか(笑)
私は「何性だっけ?」と毎回聞いて、毎回忘れますけど(笑)

読んでると、旦那さんに共通する事項が沢山あって、改めて旦那さんは「理系」なんだと思いました。
是非「理系の人々」に対抗して「文系の人々」と言う本も作って欲しいです。
情緒溢れた対照的な存在でしょうから。

また旦那さんが珍しく本に食いついた時には、その都度プレゼントしようと思います。
普段全く主婦をしていなくても、怒らないで諦めてくれている御礼に…。


話は変わって…昨日から使い始めた「ほぼ日手帳」頑張って埋めてます。
まだ書いていませんが、今日灯油を入れる電動ホースの電池が切れてたので購入へ。
ジャスコのダイソーに行ったんですが、その後雑貨屋に足を向けようとすると、ナース(同僚)が…。
同僚(妊婦さん)は、スッピンでメガネだと一瞬違う人に見えて…。化粧って凄いですね(え?そこ?)
お子様(幼稚園生)の出し物で急遽「緑のハンカチ」が必要になったらしく、急いでました。
今日のおたよりに書いてきて、明日必要だそうです。見つかるといいですね。

その後、雑貨屋へ行くと子供に声を掛けられました。「えぇ?」と思ったら、いとこの子でした(笑)
ママの所に一緒に行き、結局子供と2人で雑貨屋で向かい、
「鉛筆が欲しい」と言う健気な子供(7歳)の願いを叶えようと、おばちゃんじゅぼんは奮起!
そしたら私の方が大興奮。だって、奥さん!赤青鉛筆なのに可愛い模様の鉛筆なんですよ!
私はピアノの鍵盤の模様が付いたものを買いました。更にキャップも♪
いとこの子は鉛筆とキャップを買いました。キャップは4個入ってて、160~180円しました。
鉛筆は1本70円くらいです。安く感じますが、自分が子供時代と比べると…高いですね。

普段素通りしているエリアなので、いとこの子に感謝ですよ。
あなたのおかげで可愛い赤青鉛筆が買えました!おばちゃんは感動しています。
と言うより、まだ興奮が治まりません(笑)

夕方「今日は手帳に何書こうかなぁ?」と思っていた矢先の出来事だったので、大満足です。
明日は日勤。半月ぶりの日勤です。更にカンファレンス。頑張ろう。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2008-12-02 18:49 | ほん