職場の中心叫んでしまった!

こんばんは?こんにちは?こんばんは。
夜勤明けで心も体も悲鳴を上げてるじゅぼんです。

今日は本当に大変でした。
まずは「Tさん」。寝たきりの体なのに、自らベット柵を外しベットから落ちてました。
「死にたいよ~~殺してくれ~~」だそうです。
死にたい人に限って中々お迎えは来ない。
長生きしたいと思う人程早くお迎えが来る。こんな事を話した気がします。
彼はステーション近くに連れてこられ、一晩過ごしました。

「Kさん」。ショートステイ。夜間頻尿。
やる気はあるけど辛い思いしてまでリハビリしたくない人。
安楽尿器使っても自分で勝手に外したりして結局全身オシッコまみれ。
昨夜だけで二回全衣類交換しました。
今日自宅に帰られますが家族は大変だと思います。

「Mさん」。最初は良かった。
何処からって↑の「Kさん」とほぼ同時に様々な訴え。
私の朝の休憩時間はナシ。朝ごはん食べる時間もナシ。
認知症が入ってる彼女に本気になって注意する必要はないのかもしれませんが、心と時間に全く余裕がなくて転倒に注意しなければいけない彼女を車椅子に乗せて5:30から私と共に行動しました。

「Kさん」と「Mさん」に対してもう顔すら見たくないと思ってしまう程精神的にグッタリ。「Kさん」は車椅子に乗せようとしたら変な力を入れるので私と共倒れしかかって、状態を立て直すのに助けも呼べず10分格闘の末起こせました。もうご飯を食べてないとこんなにも力が入らないものだと感じました。ご飯は食べなきゃ駄目です。

たった3人に翻弄されてしまった私はナース失格です。
精神的にも肉体的にもやられてしまって…。
「おかあさん(私の事)大丈夫か?オレが動けたら手伝ってやるのになぁ」
「おばちゃん(私の事)ありがとう」
「あんたの気持ちは本当によくわかるよ」
こんな優しい言葉かけしてくれた人達のおかげで何とか最後までフラフラ状態でも頑張りました。
みなさん、こんな看護師さんでごめんね。もう少し反省して成長します。
[PR]
by jyubon | 2005-06-12 16:55 | おしごと