カテゴリ:おしごと( 185 )

店員5日目。

台風、大丈夫ですか?こんばんは、じゅぼんです。

今日は、返却作業を行いつつ、お客様対応も少しだけして、商品返却もしました。

毎日、何かしら細かい作業を覚える場面に出くわします。
そして1つずつマスターしていかなければいけません。

反省材料が多々あって、毎日「次こそは!」と思うのですが、中々難しいです。
同じ間違いも犯してしまうし、本当に、気をつけることだらけです。

明日は休みですが、次は、レジの作業を教えてもらうようです。
私には、まだ早すぎると痛切に思っているのですが、少しずつ覚えたいです。

私より少し早く入った方が、実にスマートに丁寧に仕事をされるので、
見習いたいです。
私は、ガチャガチャしてしまうので、落ち着いて、ひとつずつ確認して、
やっていこうと思います。

そういえば、旦那さんが、帰宅した私に「万歩計」をプレゼントしてくれました。
店員生活の間、歩いて痩せれたら…と思います。

あと、お客様として、先月まで働いていた職場に出入りする方がいらして、
「あら、意外な所でお会いしましたね」と言われてしまいました。確かに(笑)
お友達も子供さんと一緒に来てくれて、嬉しかったです。

思えば今日で店員になって1週間。早いなぁ。
明日の休みは、ゆっくり休みます。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2013-09-16 22:19 | おしごと | Comments(0)

店員4日目。

こんばんは、じゅぼんです。
台風、着々と上陸に近づいてますね。明日の仕事中は台風通過することでしょう。

店員さんも4日目。
新しい業務は大きくはありませんでしたが、細かい作業や、手技を教わりました。
コミックの完結したものに貼るシールがないものに貼るシールを持ち歩いて、
作業する事を許され、少し店員さんっぽくなった気分でした。

お客様に対する挨拶でも、少し前に入られた店員さんの挨拶が丁寧で、
私も見習いたいなぁと思いました。

更に20代前半の先輩店員さんに、優しく声をかけていただいたり、
返却作業をしていると、「悩むタイトルありました?」とこまめに声をかけてもらえたり、
本当に、ありがたい限りです。

研磨する機械のボタンの押し方が甘く、ご迷惑をかけたり、
延滞料金が発生する場合の対応方法を、忙しい接客中の合間に教えていただいたり、
本当に、教えてもらえるうちが、華だと自覚して、どんどん聞いていこうと思いました。

お客様に質問された内容も、もう少し掘り下げて聞けたり出来ると良いのかと反省。
丁寧に対応すると、良い返事がいただけますし、今までナースの仕事をしていた時に、
いかに余裕がなく、丁寧な対応が皆無だったのかと、痛感させられます。

若い人から、先輩から、毎日気遣ってもらえたり、元気や何かしらのパワーを
いただけます。本当に感謝です。

そういえば、腰痛が出てくると、仕事も終わりに近づいてきたのだとわかるようになりました。
コミックを返す作業をすると、ある種の筋トレになります(笑)
この調子でダイエット出来るように頑張ろうっと。

明日は3連休最終日。台風通過。お客様の変動が読めませんが、仕事頑張ります。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2013-09-15 23:55 | おしごと | Comments(0)

店員3日目。

こんばんは、じゅぼんです。

店員さんも、3日目。
また新たに仕事を教わりました。

返却された商品のバーコードを読み取って、確認する作業です。
色々手技があって、気遣う部分や、気をつけなければいけない所など、
多々ありました。

初日で、慣れないので、確認する際ブツブツつぶやいてしまったり、
ディスクの傷を確認するのにも、2回見てしまったり、無駄な動きがあって、
反省です。

商品を戻す作業をするのにも、ペースが遅くて、本当に大反省。
前回より絶対にペースが落ちている…。
頑張らねば。

仕事中、元同僚が視察(笑)に来てくれたり、偶然2回前の職場の同僚に会ったり、
嬉しい再会もありました。

休憩に初めて外に出て、お昼を食べに行けたり、初めてづくしでした。
明日も、今日以上に動けるように頑張ります!ではまた。
[PR]
by jyubon | 2013-09-14 22:14 | おしごと | Comments(2)

店員2日目。

こんばんは、じゅぼんです。今日は休みです。

売り場2日目。
昨日テンパって見えなかった景色が、少しずつ見えるようになりました。
時間はかかりますし、全然商品を元に戻す作業が、さばけませんが、
昨日よりはペースが早くなりました。

返却される量が尋常じゃなくて、それにも驚きを隠せませんでした。

若い店員さん数名と初顔合わせでしたが、色々聞いて、教えてもらって、
1つずつ覚えていければと思います。

若い子に指示命令されて「承知しました」と聞き入れ、その支持に従って動く。
非常に新鮮です。

DVDより、コミックの返却作業の方が早い。
コミック好きが良い機動力になっているようです。
先輩方からも、「やっぱりコミックお好きだからペース早いですよね?」と言われ、
恐縮な思いでした。謙虚に行かないと、ここは。

でも1つでも多く、自分で発見出来る喜びが大きく、毎日楽しいです。

食欲がなく、ひたすら店内を歩き回っているので、足がパンパンです。
もしかして痩せるかも?ウフフ。

連休中、みなさんの足を引っ張らないように、頑張ります。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2013-09-13 01:42 | おしごと | Comments(0)

店員初日

こんばんは、じゅぼんです。

今日始めて売り場に出ました。
商品をひたすら元に戻す作業をしているだけなのに、ぐったりです。
わかっていたつもりでしたが、全然です。

お客さんで見ていた景色と全く違って見えるのです。
同じ売り場なのに!!!

謙虚に…をモットーに、すぐ質問をしておりましたが、
質問をする前に、元に戻せない商品が多発して、テンパっておりました。

新人職員って、こんな気持ちだったんですね。
私より先に入っている店員さん全て、尊敬します。
数日私より先に入られた店員さんも、全然落ち着いて見えて、尊敬です。

若葉マーク付きの名札をつけていても、お客様からしたら店員さんでしかないので、
今日だけでも4人に質問を受けて、ドキドキしてしまいました。

焦って、スピードを自分自身に課してしまうクセが出てしまったので、
まずは、1つ1つ落ち着いて、焦らず見渡す事に徹しようと思いました。

得意だと思っていたコミックでさえも、全然スムーズに出来なかったし。
コツコツ努力と慣れていくしかないですね。

明日はガッツリ夜遅くまで仕事なので、頑張ります!
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2013-09-11 20:35 | おしごと | Comments(0)

店員。

大変ご無沙汰しております。じゅぼんです。

新しい職場に3月に変わったばかりでしたが、8月末に退職しました。
半年間でしたが、良い勉強をさせていただきました。

今度、新しく職場ができるまでの間、某レンタルショップの店員として働きます。
というより、今週から採用されて働き始めております。

接客業と看護の仕事は似ている部分もありますが、真逆な部分もあって、
本当に勉強です。会社の名前すらちゃんと覚えられないし…。

まだ四つん這いでハイハイする赤ちゃん並みに何も出来ない私ですが、
少しでも店員らしくなれるように、学んでいこうと思います。

毎日の復習が、中々追いつかない…。
ケアマネの勉強と並行して、頑張らないと…。

頑張れ、私。

新しい職場が出来て、ナースのお仕事に復職しても、某店員は継続可のようなので、
出来る限り続けていけたらと思います。

ご報告が遅くなって、すみませんでした。
私は元気なので、ご安心ください。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2013-09-10 23:12 | おしごと | Comments(0)

只今、無職です。

大変、ご無沙汰しております。じゅぼんです。

先月、人生初めてのインフルエンザにかかり、病み上がりに夜勤をやり、
先月末付けで、9年半勤めた職場を退職しました。

退職までの道のりは長かったです。

まず、昨年の今頃に偶然マックで再会した元職員に声をかけられた所から始まります。
新しく施設を立ち上げようと考えているから、来てもらえないか?という話でした。

最初はお断りするつもりでした。
しかし意見だけでも色々聞かせて欲しいと言うことで、介護士の同僚と会って
色々意見交換や情報交換をしておりました。

春の時点で同僚は「お願いします」と返事をしておりましたが、
私はしぶっておりました。
給与面だけでなく、人員不足の職場を離れられないと思っていたからです。

季節は春から夏へ。
そして秋に入る前に、職場で接遇面で指摘を受け、始末書を提出。
その頃、家庭でも職場でも問題という名の膿がドロドロ出ていた時期で、
自分の人生と言うものを改めて考えさせられた時期でした。

そして転職の道を選びました。
家庭を優先しつつ、自分の体力、精神力、全てにおいて、良いと判断したからです。
その考えに自信と勇気をくれたのは高校時代の親友でした。

「もう、いい方向にしか行かへんで。大丈夫だから。」

彼女の言葉に背中を押されて、家族とも話し合って、転職を決意しました。


そこから待っていたのは、自分を慕ってくれる同僚に転職の決意を隠し通さなければいけない
精神的苦痛でした。

辞めた職場は、とにかくマイナス査定しかしません。
賞与をもらうためには、退職する意思を隠し通すしかなかったのです。

その間にも、毎日ありえない出来事ばかり起こって、日に日に「辞めるからいいけど」
と言う言葉をつぶやく毎日でした。

そして無事に賞与ももらった12月。
同僚ナースマンに「オレ辞めるかも?」と言われ、「私も来月末には辞めるから」と
やっと告白しました。(そのナースマンは私の退職に相当驚いたらしいですが)
でもそれは、そこだけの話。

今年に入り、三が日に退職願いはマズイだろうと、1/5に上司に介護士の同僚と一緒に
退職願いを提出しました。そして、翌週には受理されました。

受理されてから、個人的に「今月末で退職します」と告白大会が始まりました。
中には「ヤダ!」と落ち込む職員や、泣き出す職員もいました。
そしてみんな二言目には「後追うから」と言っておりました。
ただ、転職を決めて4ヶ月。騙し通す苦痛から解放された瞬間でもありました。

無事に受理されて、職場から解放される想いと、今までの疲れが一気に出て、
今まで一度もかかったことのないインフルエンザにかかり、退職前に1週間休む羽目に。
でも、そのおかげで、今月の休みの間の予定を考えたり、楽しいことにシフトチェンジして
体は酷かったけど、心も体も軽くなりました。

何といっても、自分の肩に、あんなにも重い荷物が乗っかっていたとは思わなかったです。
自分で自分を追い込んで苦しめて、職場という呪縛に、がんじがらめにしていたのだと
気づかされました。

そして、退職して1週間後に職場に制服を返却しつつ、挨拶に言ったら
「おかえり」と言われ、大きく首を振り否定(笑)
「顔が全然違う。本当にスッキリしてる」と言われ、驚きました。
1人だけでなく、3人の職員に言われましたから。

職場は日に日に悲惨な状況下で、本当に元同僚が大変な想いをしているのが心苦しく、
なけなしの良心が痛みましたが、私と同僚の介護士、同僚のナースマンが辞める事で、
やっと経営者が重い腰を上げて、給与を上げた求人票を出してきました。

良いタイミングで辞めて、新天地で働くのは来月。
新しく立ち上がる施設のオープンは5月ですが、それまで研修や準備に追われる予定です。

今月だけ休み。
そしてこんな機会は二度とないと思い、高校時代の親友の家にお泊り計画。
更に、結婚前に会った以来の、高校の同じクラスの友達とも会う約束を計画中。
気持ちは20年近く前に戻っています。ワクワクドキドキが止まりません!
2/18に仙台を出て、2/19に名古屋に着いて、実家に戻り、昼には親友と落ち合い、
滋賀の親友宅に向かいます。2/21に岐阜の実家に戻り、2/25名古屋を出て、
2/26朝に仙台に着き、帰宅します。こんなに長い帰省は、結婚して初めてです。
(でも実家にいるのは4泊ですけどね)

今月の初め、元同僚に1年以上ぶりに再会して、他の元同僚にも会いたい!と彼女に言われ、
彼女の休み(2/27)の予定を聞いたら全員予定がなくて、彼女と再会したその夜に予定決定。
カラオケランチする事になりました。

良い事の連鎖反応が止まりません。すごいです、本当。
多分、今まで良いことがあっても、心底喜んで感謝できる余裕がなかったのだと思います。
頭で理解していても、心じゃ感情を伴って感謝したくても出来ない心模様だったのでしょう。

昨年末から今年の初めまでは本当に「うつ病状態」でした。
医者に行ったら「うつ病」だと診断されるところまで行っていました。
それに気づいてくれたのは、私を新天地に選んで下さった方で、
自分も心の病になった経験から
教えてくれました。

辞めた職場の労働条件や経営者の考えは、最悪でした。
でも出会えた職員は最高でした。
男女年齢の壁を難なく越えて、あれだけ言いたい放題言い合えて、仲良くできる職場は
多分二度とないと思います。その縁には、本当に感謝しています。
今度は、出会えた仲間とプライベートで会って、遊べたらなぁと思います。

数ヶ月、ブログを更新できなかったのも、そんないきさつからでした。
これからは少しずつ更新できたらなぁと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2013-02-10 20:24 | おしごと | Comments(4)

100歳は本当に長生き

みなさん、こんにちは。今日は夜勤明けのじゅぼんです。
更に夜は、超行きたくありませんが、職場の納涼会です。
何故か〆に、「世界にひとつだけの花」を歌わされる始末。もう何年前の曲やねん。
私の職場の人たちは、SMAPの名曲のイントロを聞いただけで、寒気や嫌気を生じます。

さて本題です。
もうじき102歳を迎えるおばあちゃんがいます。
しかし今朝、もういよいよな感じでありました。
私が帰ろうとすると、物凄く嫌な顔をして引き止めます。
「よく頑張りました」と耳元で言ったら、なけなしのチカラで「ありがとう」と言いました。
そのばあちゃんの顔に似ているのが、↓の成田きんさん107歳の写真。

きんも100歳100歳、ぎんも100歳100歳(写真は107歳)←クリック♪

写真をクリックして、きんさんぎんさん以外にも、かまとばあちゃんだったり、
やはり長寿のばあちゃんたちは、何故か可愛い。
今は、その長寿の方を相手に仕事をしているから、同じ写真でも、色々な角度で見てしまう。
そして何度見ても、きんさんぎんさんは飽きない。

100歳を超える事は、本当に大変な事だと、過去の利用者さんを見て思ってきました。
現在満101歳が2名。うちひとりが↑に記した人。もうひとりの人はまだまだ元気。
やはり下肢筋力は大事ですね。もうひとりは歩けますからね。

看取りをすることに慣れはないですけど、どんどん衰弱していく姿を見ると、
心が痛みます。施設でいいのか、家にいたいのではないか?色々考えます。

家で家族に見守られながらス~ッと亡くなれるのが、私は幸な最期だと思うのですが、
現実は中々厳しいです。

不謹慎な発言かもしれませんが、102歳の誕生日を迎えられなくてもいいから、
苦しさから早く解放してあげたい…そんな気がします。

ばあちゃん、よく頑張った。101歳にして、突然の施設生活。本当によく頑張った。
短い時間だったけど、心がやさぐれてる私を慕ってくれて、本当にありがとう。
私とは真っ赤な他人なのに、「おまえの家に連れて帰れ」とか言って、
困らせる発言とかもあったけど、本当のおばあちゃんみたいで、
疑似体験が出来て嬉しかったよ。どうぞ、苦しまないで…。


[PR]
by jyubon | 2012-08-17 15:51 | おしごと | Comments(2)

みんなのチカラ

みなさん、こんばんは。今日は日勤でした、じゅぼんです。
今日はaikoの36歳の誕生日でもありますが、「いい夫婦の日」でもあります。
しかし我が家は、自由人夫婦。旦那さんは会社の仲間と飲み会(飲まないけど…)
私は勉強会だったので、夕飯も作れてなく、一人マックで夕食でした。

この1週間、怒涛の勤務+勉強会の講師役で、あっと言う間でありました。
今日は2回目の勉強会でした。

1回目と同じ内容ですが、参加者が違いました。
1回目に比べ、約1.5倍の参加者数でしたが、緊張せずに出来ました。

中々、完璧にやるのも、多くを求めるのも無理難題ではありますが、
今の自分が出来る「最大限」が出来たように思います。

今までの私なら、全部何もかも自分で背負い込んで、爆発しておりましたが、
少しでも良い意味で仲間に甘える事を覚えた私は、準備等、小出しに様々な仲間に協力を
していただきました。

おかげで勉強会もスムーズに始められ、無事終えることが出来ました。
アンケートも1人1枚書いてもらって、全て目を通しましたが、色々反省すべき点や、
逆に学べる点、そして求めていた反応など、本当に様々で、良い意味で手ごたえを感じました。

やる側も聞く側も真剣。だから言葉にも嘘はなく、私も素直に受け止められるのだと思います。
今からアンケートに対してコメントを返していこうと思います。
ズボラして、手書きでなく、PCで書いたものを添付しようかなぁ。

最近、仕事をしていて、みんなのチカラの有難さを痛感する毎日です。
さりげなく助けてもらったり、協力してもらったり、声をかけてもらったり、
1人では、くじけそうになってしまうけど、そんな些細な優しさの積み重ねが、
本当に身に沁みて嬉しい。

1人では限界があるけど、1人じゃない強みが、私の盾と剣となる。
目に見えないチカラではあるが、確実に感じる。
今以上に素直に、色々「ありがとう」と発してみようと思う。
その繰り返しで、またみんなのチカラが大きくなるだろうから。

明日は「勤労感謝の日」。思い切り労働者ですけど、頑張ろうと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-11-22 22:48 | おしごと | Comments(0)

明日から副主任。

みなさん、こんばんは。1週間ぶりの更新でございます。じゅぼんです。
風邪もすっかり良くなり、元気に過ごしております。

しかし今朝、出勤早々上司に呼ばれ、事務長補佐から呼び出されているとお達しが。
恐る恐る行ったら「明日付けで副主任をやってくれないか」と言う話。

開設当初からいる私。
私の直属の上司は私を高評価してくれていたらしい。
ただ私の問題点は接遇の悪さ。言葉遣いが良くない。感情的になってしまう。
その点が上司的にネックだったのだと思った。
しかし上司は、確かにそれがなければ最高の指導者になれると思うとまで褒め称えてくれた。

上司があそこまで思っていたのだと初めて知った。はっきり言って驚いた。

だが経営者は違う。
私の接遇の悪さばかりに気をとられているらしく、芳しくない態度だった。
ただ経営者として厳しい態度を取ったのかもしれないが、非常に顔つきがこわばっていた。
「出来るの?出来ないの?」と言う質問に対して
「出来る限り倒れない程度に頑張らせていただきます」と答えたんです。
だけど「結局出来るの?出来ないの?」と言われてしまう始末。
あの~って言いたくなるけど、日本人じゃないから仕方がないと割り切りました。

手当てはたったの5000円。
仕事内容は、今までその役職のような仕事をこなしていたので、責任が付いて回るだけ。
あとは態度(意識)改革しなきゃいけないんでしょうね。

「笑顔は素敵なのに」と経営者に言われましたが、
経営者に笑顔振りまく時点で媚を売ってるだけだと思う私は、
利用者以外に笑顔を振りまかないのです。

「24時間誰かが見ているんです。それを分かってください。
 いないからいいとかじゃないんです。」

経営者のお言葉です。自分は何もかも知っているのよといわんばかり。
ただ経営者のスパイがチクっているだけに過ぎない話。
しかも利用者の中にもスパイがいるし(笑)笑ってしまう。

そのスパイの利用者と仲良しな人は、上司の評価も高い。
私は逆で嫌われていて、挙句の果てに、そのスパイの利用者に
「お前がいるから、この施設は最悪なんだ。お前のせいだ。」とまで言われて、
退職まで考えました。先月の話です。

考え事して感情的になって、眉間にシワを寄せているだけで「おっかない」と言われ、
髪の毛をキッチリまとめている髪型を罵られ、自分を全否定。
それからその利用者と必要最低限しか話しません。
愛想良く、笑顔でバカ喋りなんて出来ません。全身鳥肌が立つ。

利用者の言葉を100%信じることは必要。
でも鵜呑みにしてはいけない部分もあるのに、経営者は鵜呑みにして、職員批判をする。
偏った見方に過ぎない。

批判してても何も生まれないので、ひとまず、やれるだけやってみようと思います。
倒れたら辞めればいいですし。

経営者は嫌々私を副主任にした感が否めない。
本当に「何だかなぁ~」って気分で、憂鬱な感じは残りますが、
今夜は一人で祝杯!?をノンアルコールであげたいと思います。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2011-07-15 21:32 | おしごと | Comments(4)