カテゴリ:ほん( 236 )

大正天皇  原 武史

みなさん、こんばんは。明日で今年も半年が過ぎたことになりますね。じゅぼんです。
今日は、土曜日にやっと読み終えた本をご紹介します。

大正天皇 (朝日文庫)

原 武史 / 朝日新聞出版



この本は、今現在の天皇の祖父にあたる「大正天皇」の幼少期から「昭和」になるまでを
描かれた「史実」です。
大正天皇が皇太子時代(つまり明治時代)~描かれております。

明治天皇までは、一夫多妻制でした。
明治天皇と正妻の間には子供がおりませんでした。
明治天皇の女官であった「柳原愛子(なるこ)」との間に生まれたのが「嘉仁(よしひと)さま」
後の、大正天皇です。
(「柳原愛子様」は「花子とアン」で「蓮子様」と言われていた「柳原白蓮」のおばです)

大正天皇は病弱で、精神的病に罹患しているのでは?等と、憶測が飛び交っており、
本当の姿は不明瞭でした。

よく考えると、大正天皇の息子である昭和天皇が実父の事を語る等と
そんなイメージや記憶はありません。

様々な憶測や噂で「大正天皇像」を世の中の人が作り上げてしまい、
本当のお姿を知る機会がありませんでした。

文字数は多く、古文や漢文を読んでいるような錯覚に陥るページもありましたが、
率直に「読んで良かった」と思いました。

病気がちで、勉学に励めず、協調性や詰め込みだけの勉学に反発を抱き、
天皇の子供に生まれたから「なぜ天皇にならなければいけないのか?」と思い悩んだり、
実に人間らしいというか、身近に感じる性質をお持ちの方だったように、お見受けします。

あの時代は、今のようにマスメディアも発達しておらず、皇太子がどのようなお姿で、
どのようなお方なのか、完全に情報不足の世の中でした。

皇太子20歳、節子様15歳で結婚。子供は男子を4人。結婚してから体調が良くなったそうです。
大正天皇は一夫一妻制を初めて採用した天皇です。
大変子煩悩で、仕事を終えて自宅に戻ると、子供たちと一緒に遊んだり、
奥様が演奏するピアノの伴奏に合わせて子供たちと一緒に歌を歌うこともあったそうです。

政治家たちに囲まれ、時に守られ、時に追いつめられ、最後には極度のストレスで脳疾患に
陥る大正天皇。

彼が勉強目的で、全国を巡り歩き、今でいう公務のようなことも、様々な逸話があったり、
彼を支える人々の見えない戦いがあったり、明治、大正、昭和と激動の時代背景が
宮家を通して見える(読める)ことも、新鮮でした。

最近、大河ドラマや朝の連続テレビ小説で「明治」「大正」「昭和」と近代を描かれることが多く、
元々その時代(歴史)が好きだった私は、図書館でこの本を見つけたと同時に手に取ってました。

職場用に借りましたが、昭和ヒトケタ生まれの利用者様も「知らないことがいっぱい」
「読んで良かった」等と、まさか88歳の米寿を迎える人と同じ本の話題で盛り上がれるとは、
大変貴重な体験をしました。

読むのには時間がかかりますが、興味がある方は宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2015-06-29 22:44 | ほん | Comments(0)

仕事と人生がシンプルになる! 手帳とノート魔法の活用術 ビジネスの王様

和田 茂夫 / 技術評論社



見開きに、こうあります。

 手帳、ノート、メモ。
 3つのツールの秘密の力を引き出そう!
 力を引き出せれば、書きとめることがスムーズになる。
 スムーズになると、「これまで」と「これから」の整理が楽しくなる。
 先を見通せるようになると、仕事と生活がラクに進む。
 ラクになれば、毎日がますます充実。
 もと一生懸命取り組めるようになる。


2005年に発売された本なので、この本より今の皆さんにピッタリの手帳術はあると思います。
でも「手帳術」の入門編と捉えると、非常に取り掛かりやすいと思います。

「手帳+ノート」のスタイルを確立する。
とにかくメモを取る。メモをノートや手帳に転記する。

昨日UPした手帳術と同じで、毎日記入することが大切。
1日に何回も手帳を開き、自分の今日と向き合う。
その時間が大切。

To Do Listの作り方。毎日、週、月、年。
仕事のこと、プライベートのこと。全ての事項に当てはまります。

数年前(震災前かなぁ)が一番手帳を使っていました。
今、やはり毎日を記録することを疎かにしていることが、もったいないと思うのです。

少しずつ、自分のペースで、1つでも取り入れて、何かしら形に残せたらと思い、
この本を手に取りました。

場所が本屋であれ、図書館であれ、自分の直観が全てで、手に取りたくなる本は、
今の自分のどこかが欲している情報なのだと思います。

そして出会った時の喜びや、発見の驚き等、一喜一憂できる本の空間は
幸せな空間でもあります。

貸出期間という制限時間が適度な緊張感を生み、適宜通える幸せな空間。
その空間は老若男女、時間帯によっても客層が違い、新たな出会いや発見の場所。

しばらく図書館が私のブームになりそうです。
本屋でしか味わえない幸福感もあれば、図書館でしか味わえない幸福感もあります。
自分が利用可能な図書館で新たな出会いをしてみてはいかがですか?

話が少し反れましたが、今回はこの辺で。
[PR]
by jyubon | 2015-06-04 00:00 | ほん | Comments(0)

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
お金の貯め方を体に習得しないまま、間もなく40歳のじゅぼんです。
そんな私に持って来いの本を今日はご紹介♪

出費グセがみるみる なおる! お金が貯まる手帳術 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

和泉昭子 / メディアファクトリー



今使ってる手帳と、お気に入りのペンがあれば大丈夫。
お金を使った時に書き留めるだけ。
書き留めて「節約できたら○」「無駄遣いなら×」をつける。
将来の自分への投資なら○、衝動買いなら×。

更に、毎週の予算を決めて記入。
貯金は天引きで。1か月を5週として1週間いくらと設定する。予算は1日1000円程度。

欲しいものは手帳に書き留める。
例えばカーテンが欲しければ、「カーテンが欲しい」と書き、サイズも記入。
更に欲しいイメージをスクラップ(これは可能であれば)

このように繰り返していくと、衝動買いが減るそうです。

最近、以前に比べてモノを買わなくなりました。
まだモノを減らし切れておりませんが、服でも着る人は私1人。
最近は、知り合いの子供さんなど、私のお下がりを配り歩いてます。
いらなければ捨ててもらって構わないし。

樹木希林さんも「全身がん」の診断を受けて、ものを残さないように常にしていると
おっしゃってました。残された人が可哀想だとも話されておりました。

自分もいつ、体を壊したりするかわかりません。
モノを大切にする気持ち。モノへの執着する気持ち。
どれも相対することのように感じますが、モノに対して想いがあってのこと。
そのモノを買う時に、無駄にならないようにする為の方法が、ここにはあると思います。

イラストが半分あるので、非常に読みやすく、参考にしやすいです。
主婦でも独身者でも、実家暮らしでも、どんな方にも取り入れやすい、参考になる本です。
宜しかったら読んでみて下さい♪私も少しでも「へそくり」できるように頑張ります。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2015-06-03 00:00 | ほん | Comments(2)

みなさん、こんばんは。6月も2日目。
今週末は岐阜へ帰るのですが、暑さが酷そうで、やや尻込みしております(笑)
さて、今日は、TSUTAYAでバイトしてた頃に出会っていれば良かった本をご紹介♪

書店ポップ術―グッドセラーはこうして生まれる

梅原 潤一 / 試論社


書店ポップ術 グッドセラー死闘篇

梅原 潤一 / 試論社



会社近くの図書館で発見!

元々本屋は大好きで、POPも大好き。
POPで本の購買意欲が湧いたり、読書熱に火がついたり、とにかくPOPありきの私。

TSUTAYAで働いていた頃に書いていましたが、シンプルだったり、真面目すぎたり、
センスがなくて、自分でもガッカリ。

熱い思いがあっても、伝え方が上手くない。どうしたら伝わるのだろう…。
その方法がここには詰まってます。

まず文章から考える。
それからレイアウト。色やデザインを含めたものを後で決める。
そして本番を書く。

まだ試してはおりませんが、自分が熱く語れる商品からPOP書きをしようと思ってます。
今はお客として通ってる元職場ですが、POPのボランティアは時々してるので、
参考にしながら、自分の思いを他のお客様に少しでも伝えられたらいいなぁと思います。

みなさんはPOP読みます(見ます)か?
それにつられて商品を買ったりしませんか?
奥深いPOPの世界。この手の本をまた探したら読もうと思います。ではまた♪
[PR]
by jyubon | 2015-06-02 00:00 | ほん | Comments(0)

おはようございます。珍しく平日有給のじゅぼんです。
今日は昨日UPした映画を見る前に読んでた本をご紹介♪

「足もみ」美人プログラム (王様文庫)

田辺 智美 / 三笠書房



昨年、ベストセラーになった↓の文庫本版です。

【編集版】「足もみ」で心も体も超健康になる!×超健康に長生きできる「足もみ」力

田辺 智美 / 三笠書房



↑も買ったのですが、読みやすく、使い勝手が良いのが文庫本版です。
カラー写真もありますし、本もカバーを外せば、見開いて見やすいです。

足を素人が勝手に揉んでしまうと、揉み返しするのでは?と心配しておりました。
しかし心配することはない、副作用の心配はないと、断言されております。
この言葉だけで、自信を持って行い始めました。

まだ始めて3日目ですが、寝る前にやって、夜中に必ずトイレに行きますし、
睡眠の質が良く、短い時間の睡眠でも熟睡感はあって、足も軽い感じがします。

ある利用者様にも試しにやっております。
週3回の利用で、どれだけの効果が出るのか微妙ですが、効果の程はいかに?

まずはあきらめない事。
そして週1回1時間やるより、1日5分でも毎日行う事が効果の近道だそうです。

670円で、自分でマッサージをして、体の調子が良くなるのなら、
お安いお買い物かも?宜しかったらどうぞ。
[PR]
by jyubon | 2015-05-19 08:16 | ほん | Comments(4)

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
今日は先週購入した雑誌をご紹介します♪

日経 Health (ヘルス) 2014年 08月号

日経BP社



日経 Health (ヘルス) 2014年 08月号HP←クリック♪

今月号は「骨盤ヨガ♡ストレッチバンド」の付録つきで、700円です。

柔軟性が高い事だけが自慢だった、私の体。
後ろで両手を簡単に組めたのは、昔の話。
肩甲骨周辺が凝り固まってる…。もう片方が組めても、もう片方が組めない現状。

ここでさすがに奮起一転。
先週より約1週間続けております。「骨盤ヨガ」を。
腹筋がなくて、全身が超バイブ状態になっても1分キープをしてみたり、
苦痛だと思う「骨盤ヨガ」も、iPadで好きな曲を流して、耐え忍び、
最初は苦痛に感じていた動きも、心地良い疲労感に代わってきました。

何より、やや便秘気味だったお腹の調子が、大変良くなりました。

「骨盤ヨガ」も勿論良いのですが、それ以外の情報も非常に参考になるので、
宜しかったら手にしてみて下さい。
ちなみに私は、寝る前の30分間は「骨盤ヨガ」の時間にしております。
[PR]
by jyubon | 2014-07-14 23:09 | ほん | Comments(1)

只今、読みかけ中。

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
月曜日、何だか体がぐったり。睡魔との戦い。早く寝ようっと。

さて、ここ数か月、本を買って、読んでいるものの、読破出来ていない本が山積み。
サラリとご紹介します♪

ユーミンの罪 (講談社現代新書)

酒井 順子 / 講談社



アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書

加藤 俊徳 / あさ出版



[図解]トヨタの片づけ (中経出版)

(株)OJTソリューションズ / KADOKAWA / 中経出版



まんがでわかる 7つの習慣

宝島社



白蓮れんれん (中公文庫)

林 真理子 / 中央公論社



一冊ずつ消化して、紹介できればと思っております。
どうぞ、気を長くお待ちいただけたら幸いです。

やはり、読書も毎日コツコツですね。根気が足らない私。めげるもんか。
ではまた。
[PR]
by jyubon | 2014-06-03 00:00 | ほん | Comments(0)

さよなら渓谷

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
今日は、先月観たDVDをご紹介します♪

さよなら渓谷 [DVD]

キングレコード



2013.6.22~全国公開された映画です。現在はDVDレンタルされております。

この映画のキャッチコピーは
「ごく普通に見える夫婦。だがふたりは残酷な事件の被害者と加害者だった―。」


ネタバレもありますが、R指定がある映像だとわかって観ましたが、
真木よう子さんのR指定と言えば「ベロニカは死ぬことにした」が有名で、
あの映像と比較してしまうと、そこまでR指定をする程でもなかったような…
そんな気がしました。

静かなサスペンスとでも言いましょうか、言い方を変えれば陰湿で、
人間の根底にある毒や闇を描いている作品のように思いました。
と同時に、様々な愛の形もあるものだとも思いました。

大森南朋さんのお兄さんが監督の作品。
兄弟で作り上げている感じも、どこか愛を感じました。
主題歌は、椎名林檎さん作詞作曲、歌:真木よう子さん。
そちらも映画と大変マッチしていて、私は好きです。

部屋を暗くして観ると、更に映像内容が深まるかも?宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2014-05-12 00:00 | ほん | Comments(2)

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。

今回の朝の連続テレビ小説「花子とアン」ご覧になっていますか?
「赤毛のアン」を翻訳した村岡花子さんの自伝的小説が原作であります。
時代は「ごちそうさん」と同じ、明治~大正~昭和です。
愛知県犬山市にある「明治村」で撮影が行われているようで一人懐かしんでおります。

さて今日は、「花子」こと、村岡花子さんの姿に迫るビジュアル本をご紹介します。

花子とアンへの道: 本が好き、仕事が好き、ひとが好き

新潮社



自伝的小説とは違い、彼女の時代背景、関係者からの証言、写真などが
1冊にまとめられております。

ドラマと合わせて楽しめる内容になっております。
ドラマでも所々昭和になって過去に遡る形式を取っているので、
そんな意味でも、この本は私の良きサポーター的存在であります。

ちなみに職場に置いておいて、本好きの利用者様にもおすすめしております。
本物の花子さんを知る良い機会です。宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2014-05-06 00:00 | ほん | Comments(0)

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
今日は、職場でブームを起こしている本をご紹介♪

それでも僕は夢を見る

水野 敬也 / 文響社



この本は、3月に発売して、15万部突破した話題の本です。
「あまちゃん」のイラストで人気を博した鉄拳のイラストと、絵本のような少ない文章。
更に老眼にも優しい、大きい文字で、10分程度で読めてしまう、そんな本です。
ちなみに私は5分で読めました。

何のために自分は生きているのだろう。
夢なんて叶う訳なんかないのさ。
どうせ自分なんか…。

こんなつぶやきに、身に覚えはありませんか?

利用者様に、「こんな動けなくなってまで長生きしたくない」とか、
「こんな体になってまで生きている意味がわからない」等と言われます。
彼女達からしたら、約半分以下ないし1/3以下の年齢の若者に
「生きている意味がある」と言われても、説得力に欠けるし、「何言ってるの?」と
思われても仕方がありません。

そんな事を悩んでいた矢先に、この本の存在を知りました。
デイサービスに来ている利用者様に少しずつ勧めてみました。

97歳のおばちゃん。「いい本だ。いい事ばかり書いてある。読んで良かった。」
81歳のおばあちゃん。「そうだなぁ。(本に)書いてある通りだ。」
と良い感想をいただきました。

更に、普段は無口なおじいちゃん。「大したことはない。」と言いましたが、
私は知っています。何気に夢中に真剣に読み進めていたことを。
素直に感想は述べなくとも、彼の中で何か感じ取るものがあったに違いないと信じています。

老若男女問わない本。
読書離れが叫ばれれる今日この頃。是非手に取って読んでみてはいかがですか?

本の帯に「泣く人続出」とありますが、私は静かに「なるほど」と納得した感じでした。

人は、生きているだけで素晴らしい。生きていることが素晴らしいのです。
そのことを1冊の本で伝えてくれてます。
立ち読みを推奨している本屋もあります。宜しかったら、探してみてくださいませ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2014-05-05 00:00 | ほん | Comments(0)