カテゴリ:ほん( 236 )

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
毎朝「あまちゃん」を見て、じぇじぇじぇとつぶやいてしまいます。
明日は禁断の過去が完全にわかるのでしょうか?
「潮騒のメモリー」カラオケで配信して欲しい。何度も歌いたいなぁ。
さて今日は、寝る前に読み続けて、やっと読み終えた本をご紹介します。

幕末志士の履歴書 時代劇ではわからない意外なプロフィール

クリエイティブ・スイート / 宝島社



この本は、2013.5.11に発売されました。1000円です。
幕末に活躍した方々の生い立ちを、現代の履歴書に当てはめて書き、
詳しく解説してあります。計56人分。

ONの状態…いわゆる私たちが歴史(日本史)の授業で習ったり、
TVを通して知っている出来事だけでなく、OFFの状態…つまり私生活の部分も
判明している範囲で記されております。

正妻、愛人、妾、子供の数などを含め、温かい一面、冷酷な面など、
1人あたり約6ページでまとめられておりますので、非常に読み応えもあり、
濃厚であります。

寝る前に1~2人読むだけでも楽しいです。
しかも、前から読むこともなく、読みたい人をチョイスして読むのもアリです。
「昨日は龍馬読んだから、今日は山内容堂を読むか」と関連付けて読んでも良いし、
「今日は山本覚馬読んだけど、明日は明治天皇にしてみるか」とか…。

幕末は、混乱の時代で、現在、「八重の桜」で繰り広げられる時代でもあります。
そこでの登場人物も何人か出てきます。

私は元々歴史が好きでしたが、特に幕末~明治が好きで、大人になってから
“大河ドラマ”の影響で、ますますハマって、本を読みあさっております。

歴史が詳しい先生が書かれた本も楽しいですが、この本もオススメです。
宜しかったらどうぞ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2013-07-19 23:12 | ほん | Comments(0)

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
7/4の夜、ナオト・インティライミのライブに行ってまいります!楽しみだ!
さて今日は、今週に入り、寝る前に読み続け、読み終わった本をご紹介します♪

なぜかうまくいっている女(ひと)の心のもち方 (PHP文庫)

有川 真由美 / PHP研究所


この本は、2013.3.5に発売されました。580円です。

本のタイトル通り「なぜかうまくいっている女(ひと)の心のもち方」の方法が書かれています。
25の内容は以下の通り。(色付きは、私が共感した内容です。)

01.力まなくても結果を出せる
02.簡単に不幸にならない
03.自分が悪くなくても謝れる
04.失敗をクセにしない
05.なんでもほめる
06.どこでも通用するウリがある
07.自分をできる人として信頼する
08.奇跡を信じている
09.メニューは時間をかけずに選ぶ
10.相手の期待を少しだけ超え続ける
11.嘘を認めている
12.ちがいが好き
13.「ちょうどよかった」とつぶやく
14.「お金を稼ぐ女になる」と決めている
15.真似で覚える
16.自分からお願いしない
17.簡単なことを丁寧にしている
18.落とし穴があると知っている
19.グレーゾーンが多い
20.ニーズは自分でつくる
21.決まりごとがない
22.恩送りを知っている
23.自分の基準をもっている
24.「すべてはうまくいく」と決めている
25.自分で選択している

当たり前の事だったり、猛省をすることだったり、
今の環境下だから、素直に読んで吸収できたように思います。
これらを全て吸収して、仕事に活かすのは無理かもしれませんが、少しずつでも取り入れて、
気づけば「なぜかうまくいっている女(ひと)」になれていたらいいなぁ。
いや、この本の内容からしたら、「なぜかうまくいっている女になる!」と言い直します。

希望ではなく断言。やってしまうのです。前にススメ。少しでも前へ。
先月、ネガティブになった時期もありましたが、まぁ、前を見るしか術はなく、
そして毎日が送れているので、何とかやっていきます。

この本は、1つの内容を1日1つ読んでも25日で読めますし、読みやすいです。
すんなり読みやすい本でした。宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2013-07-04 00:00 | ほん | Comments(0)

大人の動物占い Premium

みなさん、こんばんは。じゅぼんです。
東北もやっと梅雨らしい雨の1日でした。でもおかげで寒くて長袖でしたけど、私。
さて今日は、ずっと欲しくてやっと買った本をご紹介します♪

大人の動物占い Premium

主婦の友社


この本は、2012.11.28に発売されております。定価1300円。

12年前に大流行した「動物占い」の最新版です。
12種類の動物にカラーを組み合わせて、60種類の占いが掲載されております。

私は「動物占い」では「ゾウ」でした。
そして「大人の動物占い」では、「ゾウ×ゴールド」です。

各占いには、以下の内容が60通り載っています。
「4つのキーワード」、「思考パターン」、「行動パターン」、
「他人から見たあなた 知らなかった自分の性格」、「恋愛&結婚」、「家族」
「仕事」、「人間関係」、「開運」と、色々詳細が載っております。

ちなみに、私で言えば、「ゾウ×ゴールド」のキーワードは、
1.威厳たっぷり
2.初志貫徹
3.意外にも、争いごとが嫌い
4.器は大きく、心は繊細
まぁ、当たってない部分もありますが、「人から見た性格」とかは、納得いきました。

一番当たっていたのは、舅でした(笑)もうそのままですから。
憎めないキャラと書いてあるところまで、そのまま。

そして高校時代の親友自分を含めて3人分を眺めていたら、
私以外の2人は恋人同士の相性なのに、私は2人とライバル関係の相性だし、
何だか笑える内容でした。

人の見え方だけでなく、自分自身を振り返る材料の1つとして良い本だと思いました。
宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2013-07-03 21:43 | ほん | Comments(0)

みなさん、こんばんは。来週の今頃は、親友宅でハイテンション予定の、じゅぼんです。
さて今日は、数日かけて寝る前に読みすすめて、読破した本をご紹介します♪

たくらむ技術 (新潮新書)

加地 倫三 / 新潮社


この本は、2012.12.15に発売されました。

テレビ朝日の人気番組「ロンドンハーツ」「アメトーク」の演出・プロデューサーが
初めて明かす「ヒットの秘密と仕事のルール」の本です。

ビジネス本でありながら、自己啓発本とも思える、そんな本です。

「アメトーク」フリークの私は、「あの時はそうだったんだ」とか「あのテロップには、
そんな意図があったのか!」など、色々な「たくらむ技術」のHOW TOに感嘆して、
時には思わず吹き出して笑ってしまい、向かいに座っていた旦那さんに
冷たい視線を浴びせられる事もしばしば。

クソ真面目に、果敢に仕事を行う術の裏付け(たくらみ)だったり、
普段、職場の上司などに言われてカチンと来ることも、加地さんの文章だと何故か
「そうなんだ」とすんなり受け止めることが出来て、納得させられたりしました。

この本は、「アメトーク」好きの人には、裏側から「アメトーク」を見る事が出来る
絶好のチャンス本のように思います。

読み終えると、気づけば、仕事に対しての姿勢が変わっているかもしれません。
読む前と読んだ後では、確実に違うと思います。

あんな面白い番組を作り上げるのには、膨大な時間と努力と、結束力が必要で、
しかも複数の企画を同時進行にしてて、今までの私は、何と仕事出来てない人間だったのか?
と思ったりしました。
でもこれから、この「たくらむ技術」を参考に、仕事に取り組めたらなぁと思います。

あの優しい甘い雰囲気をお持ちの加地プロデューサーが、ここまで男臭くて
だけどスマートに濃厚な仕事をされていると知れて良かったです。
そして、この本を読んで、個人的に出川哲朗さんをリスペクトしました(笑)
(人の分析力はずば抜けて高いのに、自己分析が全くダメな件が…)

小難しくなく、すんなり読める読み易い文面も、演出家だから成せる技なのでしょうか。
この本を読んでから、「アメトーク」のDVDを見ると、また違った視点で見えるかも?
宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2013-02-13 00:00 | ほん | Comments(0)

みなさん、こんばんは。今日からまた労働が始まる皆さん、お疲れさまです。
昨日1年以上ぶりに図書館に訪れたじゅぼんです。そこで借りてきた本を今日はご紹介♪

ありえない恋

小手鞠 るい / 実業之日本社


この本は、2009.9.18に発売されております。
文庫本も、2012.8.4に発売されております。

装丁のイラストを、漫画家の麻生みことさんが手がけていらっしゃいます。
おかげで、登場人物像や、物語のイメージが、この小説を読む前に想像できて
読みやすかったです。

オムニバスで6篇で構成されております。
主な登場人物は8人の男女。親友2組、親子1組、姉弟1組、恋人1組…
才色兼備な女子大生は親友の弟に恋に落ち、親に猛反対を受け、
その弟の姉である女子大生は、親友の父親に恋に落ち、不毛な恋に悩み、
その子が崇拝している恋愛小説家に、その父親がメールで抗議しているうちに
恋に落ちてプラトニック・ラブをしてみたり、恋愛小説家は死んだ恋人を想い続け、
その小説家の親友も、不倫から抜け出し、結婚を決めるけど…みたいな感じでしょうか。

そして漢字にフリガナが打たれていて、小学生のおませな女子も読める内容になってます。
まぁ、実際は中学生以上向けなのでしょうが…。

久しぶりにライトで可愛らしい恋愛の話、だけど、どこか切なくて大人の恋愛も織り交ぜた
そんな小説を読んだので、気持ちが若干高揚しております。

大変良読みやすく、1時間前後で読み終わりました。
女子高生だったら、友達に読みまわしして、キャ~キャ~言ってたのかなぁ(笑)
宜しかったらどうぞ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2013-02-12 00:00 | ほん | Comments(2)

みなさん、こんばんは。今日は日勤3連続勤務の中日のじゅぼんです。
職場では毎日行くたびに、小さい事件から大きい事件まであって、
「無」の感情を持ち合わせていないとやっていけない毎日です。
さて今日は、昨日に引き続き、「手帳術」の本をご紹介します♪

仕事で差がつく「超」手帳術 2013 (学研ムック)

学研パブリッシング



この本は、本屋でなくコンビニで見つけました。
更に付録に「付箋」がついております。その付箋をLOFTで見つけた時は感動しました。

スマホが浸透した今、アナログな手帳だけでなく、デジタツツールの導入や併用が
日常となっております。

闇雲にアプリをダウンロードして使うのではなく、やはり目的を持って使うべきだし、
今の自分に合ったものかどうかの見極めが大切だと思います。

情報が錯綜してて、飽和状態で、何が良くて、何が正しいのか、頭の中は毎日混乱状態。
少しでも軌道修正を図ったり、刺激をもらったりすれば、何か開けてくるのだと思います。

既製品では、100%自分にピッタリのものは出会うことが困難だと思います。
だから少しでも100%に近い商品(手帳)を探して、カスタマイズして、
自分に合った自分らしい手帳を作り上げていけばいいのだと思います。

ここには、6名の著名人が手帳術を紹介してくれております。
仕事での手帳術ではありますが、プライベートの時間管理も紹介されています。
1冊の手帳にするのか2冊の手帳にするのか。そのメリット・デメリット。等…。
皆さん、本を沢山出されている著名人ばかり。贅沢な内容が1冊で読める。
こんなお得な事はありません。890円とお高いですが、本を買う事を考えると安いです。

現在私は仕事用に「無印良品」の見開き2週間分が記入できるB5サイズの手帳を使ってます。
以前はA5サイズのノートに書いていた「To Do リストノート」。それを無印の手帳に変えました。
サイズも手頃で、普段使ってるA4のノートと一緒に持てるし、管理もしやすい。
自分が仕事の日が2週間分わかる。そして翌日や次回出勤日にしたいことも書き込める。
ただ「To Doリスト」にしているだけなので、これでいいのか?とも思いますが、
やはり頭の中にずっと忘れずに入れておくのは本当に困難で、これに頼っています。

来年分の手帳もこの内容のもので買いました。
サイズはA6と小さくなりましたが、今の使い勝手には変えられません。

そしてプライベートの手帳。
それは昨日も書きましたが、本当に欲しいのは伊東屋「24時間手帳」←クリック♪
でも一応、今使ってる手帳に近い商品で、何と105円で買えた手帳を発見したので、
それも購入してあります。Seriaでゲットした品です。
カスタマイズをしても1000円もかかりません。安上がりです。

本当に欲しいものか見極めるためにも、この本は色々参考になることが沢山。
ワーキングママ。そうでない人でも、みんな時間は平等であります。

私は絶対に無駄に時間を過ごしています。濃厚さがゼロです。
毎日濃厚では疲れますが、濃厚な日々があってもいいと思っています。
そのためにも、この本を読んで、もう少し手帳に色々書き込んで、「手帳探しの旅」に
翻弄したいと思います。宜しかったらどうぞ。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-10-30 00:00 | ほん | Comments(2)

みなさん、こんばんは。今日から日勤3日連続のじゅぼんです。
仕事に対する情熱が下降傾向。しかしモチベーション低下が著しいのは確かです。
そんな私が改めなければいけないのが、時間の使い方。
今日は、その管理をしてくれる手帳を特集した雑誌をご紹介します。

日経 WOMAN (ウーマン) 2012年 11月号 [雑誌]

日経BP社



表紙は、今クールでドラマ主演をされている同じ歳の米倉涼子さんです。
いつでもかっこいいです。年を重ねるごとに彼女に好感を持っていきます。
そして同時に尊敬をしてやみません。
容姿端麗。どこに欠点があるのでしょう。でも本人は自信がないとの事。
同じ人間。ないものねだりは同じ。そして努力すれば欲しいモノが手に入る権利も同じ。
そんな事を彼女を通じて感じております。

さて話が反れました。今月号の「日経WOMAN」は「手帳術特集」です。
毎年この時期には「お決まり」なのですが、毎年色々な手帳も変化があり、
付属品等のアイテムも進化を遂げ、アナログだけでなく、デジタルツールとの併用術も
教えてくれるので、毎年隅々まで読んでおります。今回は付箋も付けまくりました。

中々上手に手帳を使いこなせていない自分がおります。
今年はバーチカルタイプの手帳にしました。
5色ボールペンで色分けで書くのですが、今の私には何が必要なのかと自問自答していると
自己管理でした。

睡眠時間、仕事の時間、家での時間、自由時間。
体重の変動、サイズの変化、読みたい本、欲しいもの、TVからの情報のアウトプット、
本当に様々な内容の情報を手帳に書き留められたらどれだけ楽なんだろう…。
そんな風に思いました。
ここに家計簿の役割も追加したいし、でも中々続けられないし…。


今一番欲しい手帳はこちら…伊東屋「24時間手帳」←クリック♪

やはり不規則勤務の私には、どのシフトの時に、何時から何時まで寝られるのか?
そして、どんなペース配分で無駄がないのか?等把握するには、「24時間手帳」が最適。
そう感じました。

昨年も今使ってる手帳を探して買った後に、見つけて「来年はこれだ!」と思っていました。
だけど結局ちゃんと使えていないし…。でも使いたいし。

手帳を使いこなせれば、自分自身何か変われる感じがするんです。
多分自信がついて、次へのステップになるのかと。

そして嫌な思いや、苛々が減って、楽しくて明るい日々へ向かって走っていける気がするのです。

手帳1冊に全て書くのは無理なので、他にサブノートを設けて、
そちらを「自由ノート」として、なんでも書くようにしたら、少し世界が開けてくるのかと。
私の脳みその中身のような、分身のような。いつでも書けるようにしなければいけませんが…。


熱く語りすぎましたが、個々によって手帳への思いや役割は違うと思います。
色々な手帳がある中で、今の自分に合っている手帳を探すためにも、
この特集は楽しいと思います。ただ手帳を探しに漠然と「手帳コーナー」に行くのと、
「この手帳が欲しい!」と目的を持っていくのでは全く違いますから。

年末にかけて「手帳を探す旅」にそれぞれが出られると思います。
是非自分が気に入った手帳に出会えるといいですね。
皆さんの旅の終着駅がハッピーでありますように。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-10-29 00:00 | ほん | Comments(0)

みなさん、こんにちは。大変ご無沙汰しておりました、じゅぼんです。
中々ここまで記事を書く行為にまで精神的余裕がありませんでした。
少しずつですが、小出しに再開していこうと思ってます。
さて今日は、決して表紙に一目惚れして買った訳でなく、特集に心奪われて買った雑誌を
ご紹介します♪

ダ・ヴィンチ 2012年 11月号 [雑誌]

メディアファクトリー



現在発売中の雑誌です。
表紙は「梅ちゃん先生」でお馴染みの松坂桃李クンです。イケメンで見とれてしまいますね。

今回、ドラマ&映画で大賑わいの「男女逆転『大奥』」の作者でお馴染みの、
よしながふみさんが特集だったので速攻この雑誌を手にレジに向かいました。

昔、月9ドラマ「アンティーク」の原作者でもある彼女の、連載中の「大奥」。
本当改めて歴史を勉強したくなるし、もの凄く切なくて、胸が痛む内容。
ドラマは、まだ録画して見ていませんが、見たら金曜日が待てない感じがして、
勝手に私の中で封印しているのです。

この雑誌を読んで、改めて「よしながふみ作品」を読み返しておりました。
どこか切ないけどハッピー。ハッピーだけど悲壮感があるのに明るい。
そして何よりも食べ物が美味しそう。

姿こそ出されていませんでしたが、対談内容といい、作品紹介といい、
今回のダ・ヴィンチ、捨てられない(涙)もっともっと読みこなそうと思います。

原作マンガを読むことに抵抗のある方や、どんな内容か知りたい方は是非
この「ダ・ヴィンチ」はオススメです。
ただ、表紙に惹かれて買ってる読者も多いと思われるので、完売しているかもしれません。
私ですら見とれてしる始末ですから…(^_^;)

11月12月と見たい映画が目白押しです。
映画熱も冷めつつあった私ですが、また通う日々が始まるのかもしれません。
宜しかったらどうぞ♪ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-10-28 16:55 | ほん | Comments(0)

みなさん、おはようございます。今日は休みのじゅぼんです。
一昨日、シャワーを浴びて、体を洗ったら、ボディタオルに皮が付いてました。
なんとカサブタをえぐっていて、意外と深い傷で、キズパワーパットのお世話になってます。
さて今日は、今月発売日に購入したものの読んだのは1週間後の先週だった雑誌をご紹介♪

日経 WOMAN (ウーマン) 2012年 10月号 [雑誌]

日経BP社


現在発売中の「日経WOMAN」の最新号です。

今月は雑誌どころでなかった精神状態ですが、毎月買ってるし、
どこかで精神安定剤な役目も担っていたのだと思い、購入しました。

今月の特集は以下の通り。

話し方、姿勢、メイク、ファッション…
少しの工夫で自信がつく! 信頼感UP!

もっと自分を好きになる!女子力&マナーLesson

実践すれば誰でも貯め上手に!
ラクラク貯まる財布術

美に効く朝ごはんからランチ、週2000円の節約レシピまで!
働く女性600人の「リアルごはん」大公開!


財布事情、節約事情、食生活。
全て見直さなければいけないことばかりなのですが、
私にとって良いカンフル剤になりそうです。

更に毎月連載されてるコラムなどから、思いのほか勇気やチカラをいただいたり、
(挙句の果てには、蛍光ペンで線まで引いて、勉強したり…)
雑誌からも、本から得られるようなパワーが宿っていると、改めて痛感。

お料理も大の苦手ですが、節約レシピで出来そうなものもあったりして、
パワーをいただいております。

この雑誌の定期購読をずっと悩んでおります。
冬まで悩んで、それから考えようかと思います。

最新号、オンザ眉毛の宮崎あおいちゃんの表紙です。宜しかったらどうぞ♪
[PR]
by jyubon | 2012-09-21 08:37 | ほん | Comments(2)

みなさん、こんにちは。今日も夜勤のじゅぼんです。職場の夏祭りです。
私は室内待機なので、暑さにやられることは限りなく少ないと思いますが、
脱水にならないようにきをつけます。
さて今日は、その脱水予防も兼ねた水分補給の仕方が学べる本をご紹介します♪

日経 Health (ヘルス) 2012年 09月号 [雑誌]

日経BP社


太らない!美肌になる!魔法の飲み方
■発表!「魔法の飲み方」5つの基本ルール
■水飲みデトックス
■サラダより美肌に!野菜♥果物スムージー
■疲れがとれる“フルーツ酢”ドリンク
■体質別お茶の選び方
■酵素ドリンクできれいにやせる!
■コーヒーの正しい飲み方


水にも「軟水」「硬水」「炭酸水」とあるように、飲む時間や目的によって、
選ぶ水も変わってくる。同じ量でも飲む時間で全く効果が違う。

自分が今まで好きで飲んでいた「ジャスミン茶」も非常に効果的だったことが判明。
リラックス効果があるので、苛々が募ったり、緊張感が要される仕事の時に適している。

コーヒーも然り。色々勉強になって読んでて楽しかったです。
飲み物1つで全く違うのだと、改めて「へぇ~」と思って読みました。

また、飲み物の種類や、値段、色々自分がすぐに実行できるようなものばかりなので、
宜しかったら読んでみてください。ではまた。
[PR]
by jyubon | 2012-08-04 13:29 | ほん | Comments(0)